« 斧(おの)を見る日間(ひま) | トップページ | 目の中の梁(はり) »

2006年9月24日 (日)

何に向かって励んでいますか?

 うなりを生じてキャッチャーミットにおさまる速球。懸命に振るバットにかすらせもしないで三振、また三振・・・プロ野球の魅力の一つはこんなところにあります。
 三振をとるのに球は速いにこしたことはありませんが、球速はそれほどでなくても大きな活躍をする投手がいます。緩急の付け方やバッターとのかけひきも巧みなのですが、何といってもコントロールがいいのです。
 逆にいうと、どんなに速い球も、的(まと)をはずさないコントロールが伴わなかったら、使いものにならないのです。
 さて、親は子どものためにいろいろなことをしています。父親の部屋と子ども部屋のどちらが優先して作られるかといえば、子ども部屋のほうが圧倒的に多いでしょうね。また、家事の手伝いと受験勉強のどちらが優先かとなると、「茶碗洗いはお母さんがするから、あなたは勉強していらっしゃい」という傾向が強そうです。
 愛情はたっぷりなのですが、こうした親の努力は、望ましい的(まと)に向けてなされているでしょうか。最悪の場合、親の目の届かない部屋で、仕事を免除された子どもが感謝の気持ちもいだかないで好き勝手なことをしているということになりかねないのです。共通の的(まと)を見つめて歩いていないと、親と子や夫婦であっても、大事な生き方がすれちがってしまうのです。
 今は放映されていませんが「大草原の小さな家」(NHK教育テレビ土曜日午後放送)には、家族がそろって教会に行く場面や、祈る場面がよく出てきました。夫婦、親と子が同じ信仰に立って歩むことの素晴らしさが伝わってくる番組でした。
 「さわやか世の光」(岐阜ラジオ・平日朝6時15分から10分間)・「ハーベスト・タイム」(岐阜テレビ・日曜日午前7時半)もお薦めできる番組です。時間は異なるようですが他の局でも放映されているようです。ぜひご視聴ください。それぞれホームページで番組内容も紹介されています。
「ハーベスト・タイム」http://www.harvesttime.tv/
「心を尽くし、思いを尽くし、知性を尽くし、力を尽くして、あなたの神  である主を愛せよ。」
 「あなたの隣人を自分と同じように 愛せよ。」
この二つより大事な命令は、ほかにありません。
【マルコによる福音書12章3031

|

« 斧(おの)を見る日間(ひま) | トップページ | 目の中の梁(はり) »

コメント

ブログ開設のお知らせ、ありがとうございました。
muhmin-papa が、そこにいて話してくれているようです。
いろんなことを聞かせてくださいね。
お気に入りに入れましたよ。

投稿: Hama | 2006年9月24日 (日) 15時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何に向かって励んでいますか?:

« 斧(おの)を見る日間(ひま) | トップページ | 目の中の梁(はり) »