« 『寂寥三昧』から | トップページ | ねがい »

2006年10月18日 (水)

夕焼け・人形

「夕焼け」

あの夕焼けのしたに
妻や桃子たちもまっているだろうと
明るんだ道をたのしく帰ってきた


 ─────────────────

「人形」
ねころんでいたらば
うまのりになっていた桃子が
そっとせなかへ人形をのせていってしまった
うたをうたいながらあっちへいってしまった
そのささやかな人形のおもみがうれしくて
はらばいになったまま
胸〈腹〉をふくらませてみたりつぼめたりしていた

 『枕草子』に「秋は夕暮れ」とあり、百人一首に三夕の歌というのがあって、「いづこも同じ秋の夕暮れ」などとあることからの連想も働いて、夕焼けは秋の季語と思われがちです。でも、俳句の世界では「夕焼け」はスケールの大きな夕焼けの広がる夏の季語なのだそうですね。

 それはそれとして、今日の二つの詩からは家族への情愛が伝わってきて心があたたまります。

|

« 『寂寥三昧』から | トップページ | ねがい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夕焼け・人形:

« 『寂寥三昧』から | トップページ | ねがい »