« 靴屋のマルチン | トップページ | 創造主 »

2006年11月30日 (木)

クリスマスの語源

  クリスマスソングが流れ、クリスマスの飾り付けが見られるようになりました。このごろは、綺麗なイルミネーションで道行く人たちの目を楽しませてくださる家も見られるようになりました。

 さて、このように美しく彩られるクリスマスシーズンですが、クリスマスということば本来の意味は何でしょうか。英語ではChristmasと書かれますが、これは「Christ」=キリスト、救い主 と「mas」=ミサ、礼拝が一緒になったことばです。直訳すれば、クリスマス=救い主礼拝ということになります。意訳してキリスト降誕祭といわれていますね。今日は最初のクリスマスについて書かれている聖書の箇所の一つをご紹介させていただきます。ルカによる福音書第2章の一部です。

2:1 そのころ、全世界の住民登録をせよという勅令が、皇帝アウグストから出た。
2:2 これは、クレニオがシリヤの総督であったときの最初の住民登録であった。
2:3 それで、人々はみな、登録のために、それぞれ自分の町に向かって行った。
2:4 ヨセフもガリラヤの町ナザレから、ユダヤのベツレヘムというダビデの町へ上って行った。彼は、ダビデの家系であり血筋でもあったので、
2:5 身重になっているいいなずけの妻マリヤもいっしょに登録するためであった。
2:6 ところが、彼らがそこにいる間に、マリヤは月が満ちて、
2:7 男子の初子を産んだ。それで、布にくるんで、飼葉おけに寝かせた。宿屋には彼らのいる場所がなかったからである。
2:8 さて、この土地に、羊飼いたちが、野宿で夜番をしながら羊の群れを見守っていた。
2:9 すると、主の使いが彼らのところに来て、主の栄光が回りを照らしたので、彼らはひどく恐れた。
2:10 御使いは彼らに言った。「恐れることはありません。今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。
2:11 きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。
2:12 あなたがたは、布にくるまって飼葉おけに寝ておられるみどりごを見つけます。これが、あなたがたのためのしるしです。」
2:13 すると、たちまち、その御使いといっしょに、多くの天の軍勢が現れて、神を賛美して言った。
2:14 「いと高き所に、栄光が、神にあるように。
  地の上に、平和が、
  御心にかなう人々にあるように。」

2:15 御使いたちが彼らを離れて天に帰ったとき、羊飼いたちは互いに話し合った。「さあ、ベツレヘムに行って、主が私たちに知らせてくださったこの出来事を見て来よう。」
2:16 そして急いで行って、マリヤとヨセフと、飼葉おけに寝ておられるみどりごとを捜し当てた。
2:17 それを見たとき、羊飼いたちは、この幼子について告げられたことを知らせた。
2:18 それを聞いた人たちはみな、羊飼いの話したことに驚いた。
2:19 しかしマリヤは、これらのことをすべて心に納めて、思いを巡らしていた。
2:20 羊飼いたちは、見聞きしたことが、全部御使いの話のとおりだったので、神をあがめ、賛美しながら帰って行った。

14節を緑色にしたのは、今日の聖書のことばと私の頭の中でリンクする箇所だったからです。旧約聖書においても、新約聖書においても、神様は天でも地でも栄光を現し、時を越えて私たちを愛し続けていてくださるお方なのです。天地をも創造された神様について理解し尽くすことは、海を小さな器で汲み尽くすことができないのと似ていて人間という器ではできないと思います。けれど、地上の一滴の露も満天の星の姿を宿すことができますから、特にクリスマスシーズンには、心を静めて聖書の語る神様の愛を心に映し出したいと思います。

今日の聖書のことば
  きょう、あなたは、上は天、下は地において、主だけが神であり、ほかに神はないことを知り、心に留めなさい。
申命記 4章39節
Acknowledge and take to heart this day that the Lord is God in heaven above and on the earth below,There is no other.
Deuteronomy 4:39

|

« 靴屋のマルチン | トップページ | 創造主 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスの語源:

« 靴屋のマルチン | トップページ | 創造主 »