« イエス・キリスト | トップページ | マタイによる福音書6章 »

2006年11月19日 (日)

救急救命士

  ピーポーピーポーとサイレンを鳴らして駆けつけ、緊急に手当てを必要とする人を乗せて、車内でも必要な処置をしながら病院に向かう救急車・・・いのちを救うために迅速で適切な働きをする救命士の存在は、大きな安心をもたらしてくれます。けれど、救命士に駆けつけてもらうには、その常駐している場所に連絡して出動要請をしなければなりません。道路が渋滞していると救急車はすぐには来られないことがあり、待つ間のプレッシャーは相当のものになりましょう。スーパーマン、ウルトラマン、そして古くは月光仮面などたくさんのヒーローが世の中に登場していますが、私たちの身近に常駐してもらうわけにはいかず、そばにいて活躍してもらう時間も、たとえばウルトラマンは3分間限定となってしまいます。月光仮面には公衆電話をかけている場面もありますし、駆けつける手段はオートバイ(カブでしたっけ)なので、必要とされるところに到着するまではらはらさせられます。鞍馬天狗の馬に比べれば月光仮面のほうが速そうではありますが・・・・・・。見せ場を作るにはそれでいいのですが、現実社会ではいかがなものでしょうか。ちなみに、緊急時に渋滞に左右されずに移動できる日本全体のヘリコプターの数は、アメリカの一つの洲にも及ばないほど少ない時期がありました。さすがに現在は増えつつありますが、まだまだ災害時の対応に充分といえるところまでは来ていない状態です。さて、神様は、遠くから駆けつける必要のない方です。「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。」(イザヤ書43章4節)と語ってくださっている神様について、今日の聖書のことばでは次のように書かれています。

聖書のことば

  あなたの神、主は、あなたのただ中におられる。救いの勇士だ。主は喜びをもってあなたのことを楽しみ、その愛によって安らぎを与える。
ゼパニヤ書 3章17節
"The Lord your God is with you,he is mighty to save,He will take great delight in you,he will quiet you with his love,he will rejoice over you with singing."
Zephaniah 3:17

|

« イエス・キリスト | トップページ | マタイによる福音書6章 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 救急救命士:

« イエス・キリスト | トップページ | マタイによる福音書6章 »