« マタイによる福音書6章 | トップページ | ユネスコ憲章 »

2006年11月21日 (火)

物忘れの増えてきたある尼僧

 ヨーロッパの修道院に大きな悩みを抱えている尼僧が居たそうです。その悩みとは・・・・・・アルツハイマーが進行していたのでしょうか、物忘れが増えてきたことでした。彼女が一番恐れたのは、その内に救い主であるイエス・キリストのことまで忘れてしまうのではないかということでした。これは、大きな不安、苦しみですよね。命綱が切れて断崖から落ちてしまうのではないかというような・・・・・・ところが、ある日、周囲の人は彼女の顔が晴れ晴れと輝いているのに驚かされたそうです。彼女は、昨日までとは打って変わった明るい表情、明るい声でこう語ったのだそうです。「私は何と愚かな心配をしていたのでしょう。昨夜、分かったのです。たとえ私がイエス様を忘れても大丈夫だということが。なぜって、イエス様のほうで私のことを覚えていてくださるからです。もう、私には不安はありません。」さて、今日の聖書のことばは・・・

聖書のことば

  あなたがたが年をとっても、わたしは同じようにする。あなたがたがしらがになっても、わたしは背負う。わたしはそうしてきたのだ。なお、わたしは運ぼう。わたしは背負って、救い出そう。
イザヤ 46章4節
"Even to your old age and gray hairs I am he,I am he who will sustain you,I have made you and I will carry you ; I will sustain you and I will rescue you."
Isaiah 46:4

|

« マタイによる福音書6章 | トップページ | ユネスコ憲章 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 物忘れの増えてきたある尼僧:

« マタイによる福音書6章 | トップページ | ユネスコ憲章 »