« 『クリスマス・キャロル』 | トップページ | マッチ売りの少女 »

2006年12月 3日 (日)

『クルミ割り人形』

 「クルミ割り人形」はチャイコフスキーのバレエ音楽としてよく知られています。そのもとになったのが、ホフマンという人の書いた物語です。バレエでは主人公の女の子の名前は「クララ」となっていますが、物語ではマリー、あるいはマルシアのようです。

ホフマンの童話

 むかしむかしの、クリスマスの前の晩でした。
 女の子のマリーは、お父さんとお母さんから、とってもすてきなプレゼントをもらいました。
 おいしそうなお菓子、おもちゃのウマ、ネジで動く兵隊(へいたい)さん、それから、とてもすばらしいお城。
 その中で、マリーがいちばん気にいったのは、変なかっこうをしたクルミ割り人形でした。
「あたし、あなたが大好きよ」
 マリーが、クルミ割り人形を抱いて、そういったときです。
 突然そこへ、何十匹ものネズミの大軍が押し寄せてきたのです。
 すると、どうでしょう。
 今まで、ジッとしていた人形たちが動きだして、ネズミの大軍と戦争を始めたではありませんか。
 もちろん、マリーに抱かれていたクルミ割り人形も立ちあがって、いさましく戦いました。
 ところが、ネズミはおおぜいです。
 人形たちは、負けそうになりました。
 そこで思わずマリーは、自分のクツをネズミの大軍に投げつけたのです。
 ネズミたちはビックリして、逃げていきました。
 つぎの晩、また、ネズミの大軍がマリーのへやにやってきました。
「おい、ちびすけ。おれたちにお菓子をよこせ。よこさないと、クルミ割り人形を殺してしまうぞ」
 ネズミたちは、こういってマリーをおどかしました。
 マリーは、クルミ割り人形をしっかり抱いで首をふりました。
 ところが、つぎの晩も、そのつぎの晩も、ネズミたちはやってくるのです。
「ぼくに、刀をかしてください。そうしたら、ネズミたちをやっつけてやります」
 ある晩、クルミ割り人形がいいました。
 そこでマリーが、おもちゃの刀を持たせてやると、クルミ割り人形はネズミの王さまと戦って、とうとう王さまを倒してしまいました。
「刀を貸してくれてありがとう。お礼に、あなたを人形の国に連れていってあげましょう」
 クルミ割り人形は、マリーを楽しい人形の国へ連れて行ってくれたのです。
 朝になって、マリーは家の人にその話をしました。
「マリー、それは、あなたが夢を見ていたのよ」
 お母さんが、いいました。
「そんな、ばかなことがあるはずないじゃないか」
 お父さんも、いいました。
(そうね。夢だったのかも)
 ところが、それから何年かたった、ある日のことです。
 マリーの家に、りっぱな若者がたずねてきました。
 玄関に出たマリーを見ると、若者はやさしい目でほほえみます。
 はじめて見る顔ですが、マリーは、若者とどこかであったような気がしました。
「・・・あなたは、だあれ?」
「わたしは、あなたのおかげで人間にもどることができた、クルミ割り人形です。子どものころネズミののろいをうけて、人形にされてしまいました。でも、あなたがかしてくれた刀でネズミの王さまをたおし、やっと人間になれたのです」
 それを聞いて、マリーは、すっかりうれしくなりました。
「どうか、わたしのお嫁さんになってください」
「はい」
 マリーは若者のお嫁さんになって、銀のウマが引く金の車に乗って、若者といっしょに出かけていきました。
 これはマリーの夢なのか、それとも本当のことなのか、マリーにもわかりません。
 本当なら、すてきですね。おしまい

『クルミ割り人形』のあらすじはインターネットの「副娘童話集」http://hukumusume.com/douwa/pc/world/itiran/04gatu.htm

から引用させていただきました。ありがとうございました。

  チャイコフスキーのバレエ音楽「クルミ割り人形」は、ディズニーの音楽アニメ「ファンタジア」に登場し、「花のワルツ」など何曲かが美しいアニメとともに楽しめます。この映画は作られてからずいぶん経っていますが、ミッキーマウスの登場する「魔法使いの弟子」は、続編にも採り入れられて再登場しています。

|

« 『クリスマス・キャロル』 | トップページ | マッチ売りの少女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『クルミ割り人形』:

« 『クリスマス・キャロル』 | トップページ | マッチ売りの少女 »