« 偉大な生涯 | トップページ | シンデレラが王子にみそめられたわけ »

2006年12月26日 (火)

ブレンドしていいのでしょうか

 12月25日がすぎてもクリスマスの飾りを急いで片付ける必要はないのですが、お正月の用意に取りかかるとなると、見る見る内にクリスマス用品は姿を消していきます。今年もあと一週間をきりましたが、この一週間で多くの日本人は三つの宗教を、それもあまり意識することなく渡り歩くといわれています。クリスマスを祝い、除夜の鐘を聞いて仏教の教えを心にとめ、そして神社に初もうでに出かけるのです。クリスマスケーキを食べてプレゼントを贈り合うことや、こたつにあたっていると除夜の鐘が聞こえてくるというのは宗教的な行為とはいえませんから、三つ目の初もうでだけがはっきりとした宗教行為ということになるでしょうか。

 拝む、あがめるというのは、自分の全存在をかけて相手にゆだねることですから、自分の信仰の対象が何であるかについて無関心であってはならないと思います。拝む対象ではなく、拝むという行為そのものが大事なのだというのは、剛速球でさえあれば、どこへ投げてもいいということと変わりありません。たとえ、ゆるいボールでも、正しい的(まと)に向かって投げることこそ、まず第一に大切なのではないでしょうか。

  コーヒーなどの場合であればブレンドするといいものができることはあると思います。けれど、何が本質かを考えることなく無意識に宗教をブレンドして世を渡っているとしたら、検討の余地があると思います。

聖書のことば

あなたには、わたしのほかに、ほかの神々があってはならない。

出エジプト記 第20章3節

十戒の最初の戒めです。

|

« 偉大な生涯 | トップページ | シンデレラが王子にみそめられたわけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブレンドしていいのでしょうか:

« 偉大な生涯 | トップページ | シンデレラが王子にみそめられたわけ »