« なぞること、生み出すこと | トップページ | 天使の歌 »

2007年1月31日 (水)

少年老い易く學成りがたし

 1月も今日までとなりました。「少年老いやすく、學成りがたし。一寸の光陰軽んずべからず。」・・・今の実感は、「老年なお老いやすく、学んだことは忘れ易し。」というところです。

 あるセミナーでは「人の顔は思い浮かぶのに名前がなかなか出てこなくなったというのは心配要りません。それはごく普通のことです。」と安心させた上で「ただし、ご自分の名前が思い出せなくなったら、それはちょっと心配です。」と付け加えられました。

 「細かい文字が読みにくくなった。」と口にしたら、こともなげに「ああ、順調な発達だよ。」と慰めて(?!)くれた人がいました。そのとき、(これからは発達をやめるか、できるだけゆっくり発達したい。)と思いました。

 でも、自分の名前が出てきにくくなったときには、自分に代わって心配してくださる人がいるでしょうし、自分自身はその心配から解放されているようにも思いますので、心配しないことにいたします。

聖書のことば ヨハネによる福音書 第15章16節

 あなたがたがわたし(イエスキリスト)を選んだのではありません。
 わたしがあなたがたを選び、あなたがたを任命したのです。
 それは、あなたがたが行って実を結び、
 そのあなたがたの実が残るためであり、
 また、あなたがたがわたしの名によって父に求めるものは何でも、
 父があなたがたにお与えになるためです。

  たとえ、老化が進んで、わたしたちが自分が誰であるかということや、イエス・キリストのことを思い出せなくなったとしても、イエス・キリストのほうでわたしたちを覚えていてくださいます。これは、何と大きな恵みではありませんか。

※ このブログを読んでくださる方には、若い方もおられますから、今日の内容につきあっていただくのは申し訳ない気もします。でも、お許しくださいね。「少年老い易く」、ということに例外はないのだと広い心でお受け止めくださいますように。祝福をお祈りいたします。

    

|

« なぞること、生み出すこと | トップページ | 天使の歌 »

コメント

老年なお老いやすく、学んだことは忘れ易し・・・ちょっと笑えました。
そういえば、似たような話で、朝食に何を食べたか忘れるのは心配ないが、朝食を食べたかどうかを忘れるとちょっと心配・・・という話をきいたことがあります。
娘の育児日記を書いていて、娘がその日何を食べたか思い出せないときがあります。明日はわが身・・・です。笑

投稿: rommy | 2007年1月31日 (水) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少年老い易く學成りがたし:

« なぞること、生み出すこと | トップページ | 天使の歌 »