« 「この子らを世の光に」 | トップページ | 一緒に旅に行きたい人 »

2007年1月18日 (木)

子どもとお年寄り

      お年寄りと幼稚園児の会話から二題 
                                                         
  トントントン トントントン         
                                     
 
木に釘を打とうとしている子に お年寄りが励まそうとして                  
                                     
  「じょうずやね。」 
と声をかけると               
                                                          
  「うん、むかしからやっているからね。」
とすまし顔。

 節分の日  せっかく園児が作ってきてくれたからと、それをかぶって「うおーっ うおーっ」と名演技のお年寄りに

「よかった、そんなに喜んでもらえて」

  子どもの感性・ことばは大人に力を与えてくれますね。

聖書のことば ルカによる福音書 第18章16節

 イエスは、幼子たちを呼び寄せて、こう言われた。「子どもたちをわたしのところに来させなさい。止めてはいけません。神の国は、このような者たちのものです。

 大人たちが、イエス・キリストのお話のじゃまになるのではないかと子どもたちを遠ざけようとしたときに語られたことばです。

 子どもたちは、きっと大人たちよりもすなおにイエス・キリストを受け入れ、親しみを感じていたにちがいありません。おさなごのようなすなおな心で歩みたいと願います。

|

« 「この子らを世の光に」 | トップページ | 一緒に旅に行きたい人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子どもとお年寄り:

« 「この子らを世の光に」 | トップページ | 一緒に旅に行きたい人 »