« 春の七草 | トップページ | 麦を踏む心 »

2007年1月11日 (木)

プロジェクトX(エックス) 新幹線

 NHKのプロジェクトX「挑戦者たち」が劇画の本になっているのをご存じの方も多いと思います。その一冊、『執念が生んだ新幹線』を読んでいて、新幹線を開発した人には戦争中、海軍で戦争のための技術開発に携わっていた人が起用され、その人たちは平和のために技術を追究することができることを喜びとしながら命がけで取り組んだことを知りました。

 その一人、三木忠直さんは、「100%死を約束した特攻機をつくるのは技術とはいえない。」と特攻機の設計を命令されたときに強く反対したのですが、戦争中のこととて、心ならずも特攻機の完成のために働かねばならなかったそうです。多くの若者が特攻機に乗り込んで死んでいきましたので、戦争が終わっても三木さんの心は晴れることはなかったそうです。

 その三木さんを立ち上がらせたのが次の聖書のことばだったそうです。

マタイによる福音書 第11章28節

すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたし(イエス・キリスト)のところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。

  このことばに出会って、平和な日本を築くための動脈ともいえる新幹線を走らせるために心血を注いだのが三木さんだったのです。

  私たちにも、思うにまかせず、心が沈むこと、そういう自分自身が好きになれなくて、ますます辛い思いがつのる日があると思います。

 そういうときにこそ、そのままの思いをイエス・キリストにおゆだねできる幸いに巡り会うチャンスです。それは、リタイアするのではなく、置かれている状況は変わらなくても、新しい力を与えられて新しい人となった自分の新たな挑戦のスタートです。

 プロジェクト エックス のエックスの代わりに、ご自分の頭文字を入れてみませんか。 プロジェクト 「○○」・・・うーむ、いい響きですね。そしてこのプロジェクトの企画者は全能の神様です。神様の力があなたに豊かにそそがれますよう、お祈りさせていただきます。今日という日を神様が祝福してくださいますように。

|

« 春の七草 | トップページ | 麦を踏む心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロジェクトX(エックス) 新幹線:

« 春の七草 | トップページ | 麦を踏む心 »