« プリンとするめ | トップページ | お年寄りに学ぶ その2 »

2007年2月25日 (日)

お年寄りに学ぶ

  特別養護老人ホームに勤めていた人から耳にしたお話しです。もちろん、プライバシーにふれない形で記させていただきます。

 水仕事をしているときにナースコールが鳴って駆けつけ、着替えをお手伝いしていて、つい、手がふれてしまったとき

「あれ、かわいそうに、冷たいとこで仕事しとったんやね。」といってくださるお年寄りがおられたそうです。感激したと、その介護士は話してくださいました。

 「冷たい手でさわらんといて」と私なら怒ってしまいそうなのに、相手をいたわる言葉がとっさに出るとは、いったいそのお年寄りはどういう生き方をなさってきたのでしょう。

 とっさの一言にその人の生き方が出る・・・そのことを思いながら、そのお年寄りに頭がさがりました。

聖書のことば  箴言  第16章31節

  白髪は何よりもすばらしい冠です。 神様を恐れる人にそれが目立ちます。

 還暦を迎えた私・・・まだまだ若いつもりですが、しばらく前の歌には♪「村の渡しのお船頭さんは 今年六十のおじいさん」とあります。ふけ急ぐつもりはありませんが、美しく老いたいと思います。そういえば、「人は、四十をすぎたら自分の顔に責任がある。」 といったのはリンカーンでしたっけ・・・うーむ、まだまだ責任を果たせていない私です。

  2月最後の日曜日、今日も神様の祝福を感ずる謙虚な心が与えられますように。 日曜日には、キリスト教会へどうぞ。

|

« プリンとするめ | トップページ | お年寄りに学ぶ その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お年寄りに学ぶ:

« プリンとするめ | トップページ | お年寄りに学ぶ その2 »