« 聖書を書いたのは | トップページ | さくら前線のスピード »

2007年3月18日 (日)

心の内側からわき出る歌

  「白雪姫」「ダンボ」などのアニメーション映画の元祖ディズニーは、いくつもの映画の主題歌を作曲したそうです。

  また、映画「ライムライト」の主題歌を作曲したのは、その映画を制作、主演したチャップリン自身だそうです。

  不思議なのですが、この二人は、楽譜を読んだり、記したりすることはできなかったそうです。・・・ずっとそうだったのか、やがて楽譜が読み書きできるようになったのかは定かではありませんけれど。

  上のような例を聞くと作曲法を習うこと、楽譜の書き方を身につけること人を魅了するメロディをつくり出すこととはどんな関係にあるのかと思います。どちらかを選べと言われたら、私は楽譜を読み書きできなくてもすてきなメロディをつくれるほうを選びたいと思います。

  もちろん、メロディを口ずさむと、それを楽譜にしてくれる人が居てこそ音楽として仕上がり、映画も完成できるわけですから、ハートの部分と技術の部分の一方だけを優遇するわけにはいきませんけれど・・・。

聖書のことば  詩篇 第40篇 3節

神様は私の口に、新しい賛美の歌を授けてくださいました。

  神様を信じ、神様に愛されている喜びを表現するために歌う歌声は、たとえリサイタルを開くような域に達していなくても、神様は喜んでくださいます。

 歌だけでなく、私たちの発することば、おこない・・・そのすべてが春の訪れを告げる鳥の声のように、神様を讃え、感謝するためものであったら、どんなに幸いでしょう。

 今日のひと日、神様の祝福の内を歩むことができますように。日曜日にはキリスト教会におでかけになることをお奨めいたします。

  

|

« 聖書を書いたのは | トップページ | さくら前線のスピード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心の内側からわき出る歌:

« 聖書を書いたのは | トップページ | さくら前線のスピード »