« 「今日は何の日」 | トップページ | 歴史の中での結びつき »

2007年3月 6日 (火)

「笑点」

  日本テレビの人気長寿番組「笑点」は3月4日で2055回を数えました。昨年の12月18日のブログに、三浦綾子さんの『氷点』のことを書いていますが、「笑点」は氷点をもじって名付けられ、1966年5月にスタートしたのだそうです。

 三浦綾子さんも笑いは体によいからと、楽しみにしてごらんになっていたことを『命ある限り』という著書の中で書いておられます。その本の中に、ご主人に「わたし、笑いたいの。笑わせて」と綾子さんがご主人に頼んだそうです。すると、ご主人である光世さんは、にこりともせずに只ひとこと大声で「笑え」と言い、綾子さんは噴き出して、実に笑ったのだそうです。

 何とすてきなご夫婦なのでしょう。三浦綾子さんは天に召されましたけれど、永遠の夫婦と呼んでよろしいでしょうね。

聖書のことば 箴言 第17章 1節

一切れのかわいたパンがあって、 / 平和であるのは、 / ごちそうと争いに満ちた家にまさる。

 分かりやすく意訳したリビングバイブルでは、次のように書かれています。

けんかしながら毎日ビフテキをぱくつくより、冷や飯を仲よく食べるほうがましです。

 どうか、明るい笑顔の交わされる毎日でありますように。そうなるように神様が祝福してくださいますように。

|

« 「今日は何の日」 | トップページ | 歴史の中での結びつき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「笑点」:

« 「今日は何の日」 | トップページ | 歴史の中での結びつき »