« 給食 | トップページ | 「今日は何の日」 »

2007年3月 4日 (日)

一枝に紅梅と白梅が

Photo  岐阜市の梅林公園は、3月3日と4日に梅まつりを開催します。その梅林公園に「輪ちがい」という梅の木があります。写真が小さくて見えにくいかも知れませんが、一つの枝に紅梅と白梅が咲く木なのです。(写真をクリックしていただくと大きい画像で見ていただけます。)

 あまりにたくさんの梅の木が周囲に咲いているので、自分がどの色で咲く花を咲かせたらいいのか迷って二色の花を咲かせるようになったのかもしれませんね。

 人為的にたくさんの色の梅を咲かせるように接ぎ木した盆栽仕立ての「五色梅」というのがあると耳にしたこともあります。

 あなたは、いちずに単色で咲く梅と何色かの花をつける梅と、どちらにひかれますか。えっ、私ですか・・・うーん、どちらもけなげですよね・・・そう思っているなら、人に尋ねてはいけませんね。

聖書のことば ルカによる福音書 第16章 

今回も分かりやすく意訳されたリビングバイブルの訳で掲載させていただきます。

16:13 だれも、二人の主人に仕えることはできません。 一方を憎んで他方に忠実であるか、あるいは、一方を重んじて他方は軽んじるようになるからです。 神とお金の両方に仕えることはできないのです。」

 人間の節操としては、カメレオンのように色を変えないで、神様のことを第一として歩むことを大切にして生きなさいと聖書には述べられています。  あなたがたクリスチャンは地の塩です。塩がその塩気をなくしたら、何の役にもたちません、と厳しいことばが述べられています。けれど、塩味を保てるように力を与えてくださるのも神様なのですね。

 日曜日にキリスト教会へ行くことのできる道が開かれますように。

 

|

« 給食 | トップページ | 「今日は何の日」 »

コメント

おお!

写真をクリックすると大きく表示されますので確認しました。

投稿: 有加 | 2007年3月 4日 (日) 18時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一枝に紅梅と白梅が:

« 給食 | トップページ | 「今日は何の日」 »