« 春はあけぼの | トップページ | 最初の一歩の日 »

2007年4月18日 (水)

DVDプレーヤー

  今まで、DVDはノートパソコンなどで見ていたのですが、迷った末にDVDプレーヤーを購入しました。

 一番の要因は、ビデオテープが増えてきて場所をとるので、何とかしたいということでした。ただし、せっかくの機会なので、アナログ放送が終了してもテレビを見ることができるように、デジタル放送の受信できるチューナーのついたDVDプレーヤーにしました。

  デジタル放送対応のテレビは、まだまだ安くなる日がきそうなので、しばらくこの体制で過ごせるようにし、現在のテレビの生き残り作戦を立てたわけです。(デジタル放送だけになるのは4年先でしたか、そんなに先のことを考えたのは、我ながら不思議です。いえいえ、単にテレビの買い換えキャンペーンに踊らされているだけとも言えましょうか。)

  おかげで、新聞の番組表でタイトルしか見ることのできなかったデジタル放送を実際に見ることができるようになりましたし、テレビの画面とスピーカーでDVDを楽しめるようになったのも嬉しいことです。そうそう、これで、「パイレーツ・オブ・カリビアン」のDVDを友人から借りて観ることもできますし、友人の送ってくれたモーツアルトのDVDをよりよい環境で楽しむこともできます。

  ただ、思うのです。楽しめるチャンネルやメディアが増えても体は一つなのだから、自分の人生の時間の使い方、心の在りどころをしっかりさせておかないと、深い生き方はできないぞ・・・と。早い話が、アナログ放送終了の時期よりも早く自分のこの世での人生は終わるかもしれないのですよね。

聖書のことば  ルカによる福音書 第12章 15節~21節

 (イエスは)人々に言われた。「どんな貪欲にも注意して、よく警戒しなさい。なぜなら、いくら豊かな人でも、その人のいのちは財産にあるのではないからです。」
 それから人々にたとえを話された。 / 「ある金持ちの畑が豊作であった。 そこで彼は、心の中でこう言いながら考えた。『どうしよう。作物をたくわえておく場所がない。』 そして言った。『こうしよう。あの倉を取りこわして、もっと大きいのを建て、穀物や財産はみなそこにしまっておこう。
そして、自分のたましいにこう言おう。「たましいよ。これから先何年分もいっぱい物がためられた。さあ、安心して、食べて、飲んで、楽しめ。」』
しかし神は彼に言われた。『愚か者。おまえのたましいは、今夜おまえから取り去られる。そうしたら、おまえが用意した物は、いったいだれのものになるのか。』
自分のためにたくわえても、神の前に富まない者はこのとおりです。」

  人間にとって一番大切なのは、神様の声を聞くアンテナを磨き、神様に喜んでいただける生き方を日々実行することだと思います。そのためには、設備投資はほとんど要らず、必要なのは、聖書を読み、キリスト教会を訪れること、そして神様に祈ることです。聖書を贈ることを大切にしているギデオン協会の働きにあずかるならば、聖書を無料で入手することもできます。

 今日も、神様の守りと祝福の中を歩むことができますように。

|

« 春はあけぼの | トップページ | 最初の一歩の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DVDプレーヤー:

« 春はあけぼの | トップページ | 最初の一歩の日 »