« DVDプレーヤー | トップページ | 木を植え、山を育てる心 »

2007年4月19日 (木)

最初の一歩の日

 4月19日は「最初の一歩の日」(地図の日)だそうです。説明・・・1800(寛政12)年、伊能忠敬が蝦夷地の測量に出発したことに由来します。16年間に渡って全国を測量して歩き、日本初の実測地図作成を手がけました。

  伊能忠敬の作成した地図は、驚くほど精確だったことで賞賛されています。簡単な道具によるものだったのに精度の高い仕事を成し遂げたのですね。ごく最近、彼の地図が確かアメリカの図書館にたくさん保管されていることが明らかになったというニュースが報道されたように思います。

 千里の道もまず一歩から・・・新学期のスタートが励まされるような今日の記念日ですね。

聖書のことば 創世記 第1章 第1節

初めに、神が天と地を創造した。

  これは、聖書の一番最初のことばです。神様はこの宇宙を創られた方、そして私たちも神様によって創られた存在です。その逆であるような考え方、生き方にならないように心いたしましょう。

 「我が魂よ、神をほめまつれ」が正しい在り方で、「神よ、我が魂をほめよ」では決してないのです。

 今日も神様に力をいただいて歩むことができますように。

|

« DVDプレーヤー | トップページ | 木を植え、山を育てる心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最初の一歩の日:

« DVDプレーヤー | トップページ | 木を植え、山を育てる心 »