« 初登板 | トップページ | 竹久夢二展 »

2007年4月11日 (水)

「虫歯があっても・・・」

 ♪「ぴっかぴかの 一年生」というCMソングというには短いようにも思うのですが、印象的な歌がかつてありました。

 この春、いったい何人の新一年生が小学校に入学したことでしょう。

 そう考えていて思い出したのが、入学を半年ほどあとに控えた時期に行われる「就学時健診」での出来事です。

 「来年の四月には、元気で入学式に来てくださいね」と声をかけたら、その男の子は、間髪を入れずにこう言ったのです。

「虫歯があっても、入学していいの?」

  就学時健診で、虫歯が見つかったことをよほど気にしていたのでしょうね。

「もちろんです。待っていますよ」

 その子の顔が、ぱっと明るくなりました。

 今朝、その子の顔を思い出しながら(今年は2年生になりました)神様の愛のことを考えています。

 「さあ、あなたも洗礼を受けてクリスチャンになりなさい」

 「清く正しいとはいえない私でもいいのですか?」

「もちろんです。イエス・キリストは、すべての人の罪を背負って十字架にかかってくださったのですから、そのキリストを救い主として受け入れる人は、誰でも洗礼を受けてクリスチャンになっていいのですよ」

聖書のことば  ヨハネによる福音書 第3章16節

 実に神は、ひとり子をさえ惜しまず与えるほどに、世を愛してくださいました。 それは、神の御子を信じる者が、だれ一人滅びず、永遠のいのちを得るためです。

 この箇所は、聖書の内容が凝縮して書かれていることから「小聖書」と呼ばれています。

 あなたがお近くのキリスト教会に足を運び、イエス・キリストの愛を確信して生きる道の新入生になられることをお祈りさせていただきます。

 今日も、神様があなたを守ってくださいますように。

|

« 初登板 | トップページ | 竹久夢二展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「虫歯があっても・・・」:

« 初登板 | トップページ | 竹久夢二展 »