« 大樹の深き根 | トップページ | 田植えを待つ田んぼ »

2007年5月21日 (月)

リンドバーグ

  5月21日は、リンドバーグ翼の日・・・1927年、アメリカのチャールズ・リンドバーグが「スピリット・オブ・セントルイス号」で、世界初の大西洋無着陸横断単独飛行に成功した日・・・だそうです。

  この冒険は、映画「翼よ、あれが巴里(パリ)の灯だ」にもなりましたね。

  あまり、この快挙がすばらしかったので、リンドバーグは時の人となりました。別の映画にもリンドバーグがもてはやされたことが描かれています。その映画の中でリンドバーグが突然店にやってきたので、みんなの視線、関心がそちらに向いてしまい、その店の歌手としてデビューしようとしていた女性が自分の歌が皆にそっぽを向かれたのだと勘違いして店を去ろうとし、リンドバーグが来店したためと聞かされて思い直すシーンがあるのです。

 その女性はその後たくさんの人に愛されるようになったシャンソン歌手のエディット・ピアフ、歌った歌は、そうです、ご存じ、「愛の賛歌」でした。

 翼・・・いいことばですね。人には、誰も大きな夢があり、それに向かって羽ばたこうとする翼があります。でも、夢に向かって本気で努力していないと、いざ翼を広げて飛ぼうとしても、いつのまにか羽がなくなってしまっていた・・・ということになりかねません。

 リンドバーグは、巴里に向かって飛び立ちました。あなたの目的地は、どこでしょうか。

聖書のことば  コリント人への手紙 第一 第13章 13節

  いつまでも残るものが三つあります。 信仰と希望と愛です。 その中で一番すぐれたものは愛です。

 

 有限なこの世での命の日々、私たちは何に希望をいだいて、歩み、どこに向かっていくのでしょうか。

 神様の愛・・・大事なそのことについて知るには大空へ飛び立つ必要はありません。お近くのキリスト教会に足を運んでくださいますように。

 今日もすてきな航海となりますように  ボン・ボヤージュ !

|

« 大樹の深き根 | トップページ | 田植えを待つ田んぼ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リンドバーグ:

« 大樹の深き根 | トップページ | 田植えを待つ田んぼ »