« 思い出の一年生たち | トップページ | 麦の秋 »

2007年6月 5日 (火)

伝統を引き継ぐとは

  百年以上も続いている老舗のご主人が「のれんを守るとは、日々、新しいことに挑戦し続けることです。決して先代のやっていたことをそのまま引き継ぐことではありません。そんなことをしていたら、すぐ店は古びてしまいます。」と語っていました。

  先人のしていたことではなく、先人の求めていたところを求める・・・情熱の炎を受け継ぐつもりで、炎の燃えかすである灰をかき集めるようなことにならない歩みを築きたいと思います。

 私たちの歩みが、惰性に陥らないで、日々新しい情熱の炎に燃えて前進していくことができますように。

聖書のことば  コリント人への手紙 第二 4章 16節

  私たちは勇気を失いません。たとい私たちの外なる人は衰えても、内なる人は日々新たにされています。

 今日の歩みを納得のいくものと為すことが出来ますように・・・、そして神様がそのために必要な力を満たしてくださいますように。

|

« 思い出の一年生たち | トップページ | 麦の秋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伝統を引き継ぐとは:

« 思い出の一年生たち | トップページ | 麦の秋 »