« 失われた銀貨のたとえのメッセージ | トップページ | 光回線 »

2007年7月 9日 (月)

シシトウの実り

 小さな家庭菜園の担当者に任命されたものの、あまり責任を前向きに果たしているとは言えない私です。

 ところが、です。ほっそりしていて、これは実をつけることは無理ではないかと思っていたシシトウが、市の推奨する「ぼかし」というのを用いて台所の残菜を利用して作った肥料の効いているところへ移植したのがよかったらしく、小柄な実ではありますがせっせと食卓に実りを提供してくれています。

 教えてくださる人にしたがって、肥料から遠ざけているミニトマト・・・こちらも少しずつ実っています。

 うーん、こういうことを体験しながら多くの人がこの道にのめりこんでいくのでしょうね。(深入りしないように気をつけたいと思います (^_^;

 えっ、シシトウがいくつぐらい収穫できたのか、ですって・・・シシ ○○・・・いえいえ、品格を落とすような洒落は慎むことにいたします。

 今日も、蒔いた種が実を結び、ひたいに汗して歩む働きが報われますように・・・   すぐに収穫できなくても、やがて苦労が報われますように・・・それは忍耐を要しますが、深い生き方であるように思われます。

聖書のことば  マタイによる福音書  第5章 8節

 心のきよい人は幸福です。 そういう人は親しく神とお会いできるからです。

|

« 失われた銀貨のたとえのメッセージ | トップページ | 光回線 »

コメント

 園芸は奥の深い活動です。植物の成長は、人の成長に似ています。
手をかけ、愛情をかけるほど、良い物ができあがります。
 土に親しむと心が安らぐのは、人間の成分が土に似ているから、という話を聞いたことがあります。聖書にも始めの人アダムは土からできたとあります。
 ある統計では、死人の人相を確認したところ、一番いい表情で死んでいたのは、農業従事者だったそうです。私の想像ですが、教員は苦しい顔をして、死んでいそうです。
 私も今の住居で、ささやかな庭造りを楽しんでおります。

投稿: 小島 | 2007年7月 9日 (月) 13時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シシトウの実り:

« 失われた銀貨のたとえのメッセージ | トップページ | 光回線 »