« 七月のフィナーレ | トップページ | 「来た、見た、勝った」 »

2007年8月 1日 (水)

年齢相応に

  お待たせいたしました。今日は、お世話になっているこのブログのソフトをバージョンアップするためのメンテナンスが行われていた関係で、夕方になってからの更新になりました。このブログのサービスをしてくださっているココログ・・・新しい機能がついてさらに使いやすくなりました。お礼申し上げます。

  さて、このところ、体重計から遠ざかるようになっていた私です。順調にダイエットが進んでいたときには、一日に複数回、体重計に乗っていたのに、いったん体重の増量を自覚し始めると体重計とは疎遠になるのです。何と正直なことでしょう。

 いえいえ、そんなことを分析しても何も値打ちはないので、とにかく勇気と決意をもって現実を見つめるために、体重計と仲良くしたいと思います。

  この体重計は、体脂肪率や、体年齢というのも表示されるようになっていて、私の場合、ほぼ実年齢あたりの数字が出るのに、どうしたものか、家内の場合は実年齢よりも10歳かそれ以上に低い数字が出ることがあるのです。

  そうすると、つい「精神年齢も実年齢よりそれだけ低いのではありませぬか?」などと言いたくなるのを、いやいや、これはひがみから出ることばだと、自制することになります。

  たしか、『法隆寺を支えた木』という本に、齢相応に古色蒼然とした樹木は中身がしっかりしているけれど、青々と葉を茂らせている老木はたいてい内部は空洞になっていて建材としては使い物にならないことが多い、という意味の文章がありました。

 これを人間の場合も同じような可能性がある、とまでは書いておられないところに著者の高い見識がうかがえます。(^_^;

  もちろん、「年齢相応に老いましょう」というのが、結論ではありません。年齢相応に実力と見識をたくわえて、必要なときにそれを発揮することができるようにしておきたいという自分向けの思いを表明させていただきます。

  少なくとも、今日から、体重計にちゃんと乗る生活を続けます。できれば、ウオーキングも欠かさないようにしたいと思います。

 皆様は、毎日、体、そして心によいことを何かなさっていますか。

|

« 七月のフィナーレ | トップページ | 「来た、見た、勝った」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年齢相応に:

« 七月のフィナーレ | トップページ | 「来た、見た、勝った」 »