« パイプオルガン | トップページ | 乙武洋匡(おとたけひろただ)さん »

2008年2月16日 (土)

ショパンとリスト

 ショパンはピアノの詩人、リストはピアノの鬼神、というような愛称(?!)を聴いたことがあります。

 二人とも、ピアノの演奏、そして作曲に秀でた存在でした。

 ショパンが書いた手紙の一節にこんな文があります。

 「今、リストがぼくのピアノ曲を演奏しています。作った僕の思いと全然ちがいますが、とてもすばらしいのです。」

 なんだか、とてもいい人間関係が伝わってきますね。そして、音楽の世界の幅広さや奥の深さも感じられます。

 楽譜には作曲家の命が込められているのですが、演奏者は自分を無にするのではなく、作曲家の意図を精一杯受け止めた上で、その演奏者らしさを出すのでしょうね。

 なかなか、そこまではいくことができないのですけれど、縮こまらないでその時点でのベストを堂々と出すことを目指したい ・・・ ショパンの手紙から、そんなことを思いました。

 さて、明日は日曜日、よき日となりますように。

 キリスト教会にお行きになることができましたら、どうぞ。

 お一人お一人の予定、計画が順調で充実したものになりますように。

|

« パイプオルガン | トップページ | 乙武洋匡(おとたけひろただ)さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ショパンとリスト:

« パイプオルガン | トップページ | 乙武洋匡(おとたけひろただ)さん »