« 『脳が冴える15の習慣』の紹介 その1 | トップページ | 『脳が冴える15の習慣』の紹介 その3 »

2008年3月 6日 (木)

『脳が冴える15の習慣』の紹介 その2

  昨日に続いて『脳が冴える15の習慣』  築山節著・NHK出版 735円の内容紹介をさせていただきます。

6.いそがしいときほど「机の片付け」を優先させよう

  思考の整理は、者の整理に表れるのだそうです。カバンや引き出しの中、机の上がすっきりしている人は、頭の中も、生き方もすっきりとしてくるというのが、この著者の経験に基づく持論のようです。

7.意識して目をよく動かそう。耳から情報を取ろう。

 現代人の生活を10年前と比べると、「小さな平面を見ている時間が長くなった」と著者は指摘しています。テレビ、パソコン、携帯電話の画面 ・・・ 一定の範囲を見つめていて、広く目を動かさないでいると、話しかけられたときの反応が鈍くなり、周囲の変化にうとくなり、物忘れを指摘されることが多くなり、同じことを繰り返し考えがちになり ・・・という傾向が強まるのだそうです。

 散歩などして広い範囲に目を向けると共に、ラジオなど、耳から入る情報をメモしたりすると、視覚情報に対してもスムーズな反応を示せるようになるとのことです。

8.「報告書」や「まとめ」「ブログ」を積極的に書こう

 上のことが脳によい理由として、人に伝えることを前提として情報に接するようになること、情報を脳内に保持する努力がトレーニングになる、情報を解釈するようになる、イメージではっきりととらえるようになる、相手に分かるように表現を工夫することで脳が鍛えられる などが挙げられています。

 必ずしもブログだけでなく、家族、友人との会話、雑談でもいいので、豊かな出力の機会をもつことが大切だと結ばれています。

9.メモや写真などを手がかりにして、長い話を組み立てよう

10.「たとえ話」を混ぜながら、相手の身になって話そう

 恣意的に詳しく説明させていただいたりしていますが、お許しください。

 明日は、その3です。 今日もよい日となりますように。

|

« 『脳が冴える15の習慣』の紹介 その1 | トップページ | 『脳が冴える15の習慣』の紹介 その3 »

コメント

「脳が冴える15の習慣」買いました 
”自分に関係ない”と思うところは読み飛ばし すべて 身につける必要はありません でも 最初から順番に読み意識の中でする事に価値がある・・・とのこと
私には思い当たることばかり 実行&継続あるのみのようです 
私なりに(^^;) 少しでも冴える脳で在りたいです

投稿: よこ | 2008年3月 6日 (木) 00時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『脳が冴える15の習慣』の紹介 その2:

« 『脳が冴える15の習慣』の紹介 その1 | トップページ | 『脳が冴える15の習慣』の紹介 その3 »