« 『眠れぬ夜に読む本』 | トップページ | 「ちん料理」 »

2008年3月26日 (水)

国際宇宙ステーション

 土井隆雄さんたちの乗っている国際宇宙ステーション ・・・ それを肉眼で岐阜市から見ることの出来る時間帯がある

 1回目は、3月21日金曜日の午前4時40分ころ、2回目は22日(土)の午前5時2分ころ

 ・・・ 3月21日に出勤すると、そういう情報が入りました。21日朝は同室に勤務する1人がしっかり見たそうです。そしてその情報を伝えた人は・・・見逃したと、悔しがっていました。

 さて、24日(月)朝、出勤すると、大学の部屋には次の人たちがいました。

 22日朝に、めでたく宇宙船を見た人  4人

  寝過ごして見られなかった人     1人 ・・・ これが私です。(^_^;

  宇宙船を見た人も内訳は様々です。

  2日続けてみた人  1人

  自分だけ見て、あとで奥さんに叱られた人   1人

  奥さんに起こされて、場所も示されて見た人 1人

  そして、このときにしか撮れないという写真を撮り、新聞社にそれを提供した人  1人  

 ・・・ 朝3時に起きてセッティングして待ち構えていて、それが見事に実を結んだ人です。驚嘆・尊敬に値しますね。

 とにかく、私は蚊帳の外 ・・・ ところが、25日の午後7時23分にほぼ真南にもう一度機会があるとの情報  ・・・そして、夕食を中断して家内とここぞと思うところへ駆けつけてみると ・・・ 雲も出ていて心配したのですが、  見えたのです。 きっかり、7時23分に ・・・ すぐそばにもう1隻も見えました。

 何と律儀な現れ方だったことでしょう。感激しました。

 ところで、土井さんが下船した後の宇宙ステーションを見る機会は今後もあるそうです。

下記のHPをご活用ください。

http://star.gs/~sat/sat/jin_i.cgi

 久しぶりに、宇宙が好きだった頃のことを思い出しました。天体望遠鏡をキットを組み立てて作ったこともあったのですよ。(不器用なので、光軸がゆがんでいましたけれど) SFもずいぶん読んだものでした。

 ただし、正直に申しますと、宇宙船を見る前に「南はどっち」と尋ねた私に、家内は私が予想していたのとかなり異なる方向を指しました。そして・・・それは正しかったのです。

 ああ、私は西も東もよく分からない男なのだということが改めて明らかになってしまいました。今度、大きめの羅針盤を入手したいと思います。

 それでは、よい日となりますように。

 卒業式を迎えられた方、そしてご家族の方、心からおめでとうございます。よきこれからが開けますように、お祈り申し上げます。

|

« 『眠れぬ夜に読む本』 | トップページ | 「ちん料理」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国際宇宙ステーション:

« 『眠れぬ夜に読む本』 | トップページ | 「ちん料理」 »