« 自然遺産の森 | トップページ | 『幸せさがし』 »

2008年3月13日 (木)

春の皿には・・・

 「春の皿には、にがみを盛る」と、ある日のラジオから聞こえました。

 印象に残っておりましたら、友人から蕗の薹(フキノトウ)をいただきました。

 というわけで、(どういうわけやねん、とお思いかもしれませんが)今日の写真は「フキノトウ」、そして「エリンギと赤里芋」のてんぷらです。味付けは、これもいただき物の「桜塩」です。

 赤里芋というのは、昨日のブログで紹介した各務野自然遺産の森の近くにある農産物の直売所で目にとまって購入した物です。赤いのは表面だけですが、何か、しっかりした味に感じられます。(いただき物だけの食卓ではない、ということもちゃっかり述べさせていただいた次第です。)

 旬(しゅん)のものは、やはり美味ですね。Photo_5 食べ物だけでなく、一日一日を「毎日が旬の人生」と考えて新鮮に歩めたらと思います。

 新入生でなくても私はフレッシュマン   と言えたらいいな (^。^)

苦みばしったいい男、でなくてもいいので ・・・

 おいしさを提供くださった方、本当にありがとうございました。 

今日もよき日となりますように。

|

« 自然遺産の森 | トップページ | 『幸せさがし』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の皿には・・・:

« 自然遺産の森 | トップページ | 『幸せさがし』 »