« 雨のバラ園 | トップページ | 木の芽田楽 »

2008年5月12日 (月)

千年目

 今年は『源氏物語』が世に出て千年目だそうです。『紫式部日記』にその根拠となる記述があるのだとか。

 『源氏物語』は外国でも広く読まれていて、たとえば、フランスでは、女性が袴をはいている場合、パンタロンと訳すか、それともスカートと訳すのが適切かなどということも論じられるのだそうです。

 屋久島の杉は樹齢千年に達しないものは屋久杉とは呼ばないのだと何かで読みました。自然は偉大ですね。人の世に、千年続くものってどれほどあるのでしょうか。

 西暦2008年 ・・・ 何年かずれがあることがわかってきたようですけれど、本来はイエス・キリストが生まれた年を西暦元年と定めたのだそうです。とするとキリスト生誕からほぼ2千年ということですね。

 聖書はキリスト誕生以後に書かれた新約聖書と、キリスト誕生より前に書かれた旧約聖書があります。成立に年数がかかっており、そして、成立してからずいぶん年数が経っており、まちがいなく世界のベストセラーです。

 おてもとに聖書をお持ちの方は、通読してごらんになりませんか。

 おお、そうでした、今日のこの記事はこのブログがスタートして600番目ということになります。つたないこのブログとは比ぶべくもない大きな存在の聖書 ・・・ 私も、改めて通読してみたいと思います。

 実は、インターネットの世界に、少なくとももう一人の「ムーミンパパ」がおられ、その方は何と聖書の研究、知識において、この私が及ぶべくもない方だということが分かりました。

 次のURLをクリックして、もうひとりの「ムーミンパパ」の聖書の世界をごらんくださるとそのことが分かります。タイトルは「ムーミンパパのバイブル研」です。

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/3902/bible.html

 一度は、訪れてみてくださいね。 でも、そちらのムーミンパパのフアンになっても、こちらのムーミンパパのことも、どうかお見限りにならないでくださいますように。

 それでは、また。  今日もよき日となりますように。

 

|

« 雨のバラ園 | トップページ | 木の芽田楽 »

コメント

バイブル研のほう、私も知っていました。
最近までムーミンパパさんがやっておられるのだと思っていました。

投稿: セシリア | 2008年5月12日 (月) 13時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千年目:

« 雨のバラ園 | トップページ | 木の芽田楽 »