« 映画「西の魔女が死んだ」 | トップページ | 音楽療法の講座 その7 »

2008年6月24日 (火)

あのビル・ゲイツが・・・・・

 全世界の九割のパソコンを動かしているウインドウズXPやビスタ ・・・その基本ソフトを開発、販売しているマイクロソフトという会社を創業し、総帥として活躍してきたのがビル・ゲイツです。

 富裕な王侯貴族は別として、ビル・ゲイツは、ここ10年ほど世界のお金持ちのトップ、あるいはそのあたりの位置をずっと占めてきました。

 その彼が、会社の運営は他の人にまかせ、今までに築き上げた膨大な資産を、医療福祉などの世界に役立てる基金とすることを表明したそうです。

 たとえば、エイズなどを地上からなくすための医療活動を経済的に支援するとか、構想は既に立てられているようです。

 彼は「自分の子どもに財産をたくさん残すのは、若い世代のためによいこととは思えない」とも語っています。

 利益を上げ、それを社会に還元するのが彼の親の教えだとも述べています。

 すぐには彼の言うことを信じられないという人も多いようですが、私は彼のその思いを支援したいと思います。 ・・・ 彼に私の支援が必要だとは思えませんし、できたら、その基金で私を支援して欲しいという気もありますけれど。

 かなり大きな国一つ分の予算に匹敵するといわれる基金 ・・・ それが、よいことに生かされますように。 ついでながら、ボランティアの訳語として私がいいなと思っているのは「善意の意志」という訳です。

 今日も、よい日となりますように。 

|

« 映画「西の魔女が死んだ」 | トップページ | 音楽療法の講座 その7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あのビル・ゲイツが・・・・・:

« 映画「西の魔女が死んだ」 | トップページ | 音楽療法の講座 その7 »