« 関市のパン屋さん | トップページ | 『人びとの中の私』 »

2008年6月 7日 (土)

よき若者たち

 教育の道を志す学生たちの前向きの姿にふれるとき、その夢であるよき教師になることが実現するように支えるのが職務であることをうれしく思います。

 6月6日の午前中は、大学一年生が小学校に実習に行き、授業参観したり、20分休みに運動場で子どもたちと一緒に遊んだりする姿を見守りました。

 ほとんど20分、鬼ごっこで走り通す体力は、すごいものがあります。子どもたちも大喜びでした。

 午後は、大学四年生が教員採用試験に備えて面接練習する場面に少しの時間ですが立ち会いました。

 指導教官だけでなく、率直に、厳しく、そしてあたたかい意見を学生同士も交わし合う姿に心を打たれました。合格を競うことになるライバルなのですが、実に真剣に磨き合っているのです。

 学校に実習に行かないとき、あるいは面接練習のないときの彼らの服装は、現代の若者そのものですが、いざ、改まった場に出るときには、ぴしっとまじめな服装で決めてきます。

 私も経験にあぐらをかくのでなく、よき若者たちに、よきアドバイスができるように研鑽し続けたく思います。

 若きよき教師を送り出すことに喜びと誇りをもちながら。

 そして、教育に経済界で幅を利かせている競争原理が誤った形で適用されることの愚かさの進行を何とかして食い止めたいと思います。とても難しいことですけれども。

 今日もよい日となりますように。

 

 

|

« 関市のパン屋さん | トップページ | 『人びとの中の私』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よき若者たち:

« 関市のパン屋さん | トップページ | 『人びとの中の私』 »