« 音楽療法の講座 その5 | トップページ | 「噛んで含めるように」、というけれど »

2008年6月12日 (木)

花のハーモニー

0015  花は単独でも美しい  それが、センスよく組み合わせられて一つの世界を形作ると、それぞれが引き立て合って、単独のときとは別の次元の美しい世界が生み出されるのですね。

 写真は、「スパイラル・ブーケ」というのだそうです。フラワー教室で、家内が卓越した先生に教えていただきながら ・・・ というか、多大な助力をいただきながら完成にいたったものです。

 その先生は、牧師夫人という大役をになうとともにさらにいろいろなことで活躍されている方です。

 フラワー教室は、黙々と作業する場 ・・・ ではなく、あのオードリー・ヘップバーンの名作「ティファニーで朝食を」の主題曲♪「ムーンリバー」の流れるなか、おいしい紅茶などを淹れていただいて味わいながら制作に打ち込む という環境だったそうです。

0016 花と花が そして音楽が加わり 美のハーモニーを創りあげる ・・・

 そして、そのハーモニーを奏でている美しい花々とそれを美しいと感ずる人の心との織りなすシンフォニー ・・・ というようなことを思い巡らしております。

  今日も、美しいハーモニーを生み出しながら歩むことが出来ますように。

|

« 音楽療法の講座 その5 | トップページ | 「噛んで含めるように」、というけれど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花のハーモニー:

« 音楽療法の講座 その5 | トップページ | 「噛んで含めるように」、というけれど »