« 詩人 茨木のり子 ーその2ー | トップページ | 月下の郡上踊り »

2008年8月17日 (日)

まど・みちお さんの詩

 詩(だけではないのですが)は、それぞれの詩人の心、生き方の発露ですから、一人一人の詩人の詩は、固有の世界をもちます。

 今日は、まど・みちおさんの詩を紹介させていただきます。あの名曲、♪「ぞうさん」の詩の作者ですね。

けしゴム まど・みちお

自分が 書きちがえたのでもないが
いそいそと けす

自分が書いた ウソでもないが
いそいそと けす

自分がよごした よごれでもないが
いそいそと けす

そして けすたびに
けっきょく 自分がちびていって
きえて なくなってしまう
いそいそと いそいそと

正しいと 思ったことだけを
ほんとうと 思ったことだけを
美しいと 思ったことだけを
自分のかわりのように のこしておいて

※ 大学のたくさんの教室、広いキャンパスを美しく整えてくださっている数人の働き手を思い浮かべました。一つ一つの机もクレンザーでしょうか、洗剤で美しくしてくださっています。

 めずらしいチューリップの球根をさがして、その色とりどりの花で私達を迎えてくださいます。

 ゴミ箱に溢れるほどのペットボトルがあっても、顔をしかめず、明るい表情で黙々と美しくしてくださいます。

 何カ所もあるトイレには、折々の花を飾ってくださっています。

 炎天下で、草をむしり( ・・・というか、根っこから抜いておられます)、雨の降らないときは草花に水を与えておられます。

 ・・・ そうしたすばらしい姿に気づく若者たちも増えてきました。誰かの棄てたごみを拾って処理する若者も ・・・

 今の働き場所が好きです。そして若者たちが巣立って働く社会、学校、そこで出会う子どもたちも ・・・

 教員の採用試験第2次が進行中です。 1次試験に合格しなかった若者も胸を張って 道を切り拓くことができますように。

 私も 今日を生きます。私なりに・・・

 今日は日曜日、キリスト教会では聖書に基づいて神様のメッセージが語られます。

 よき日となりますように。

|

« 詩人 茨木のり子 ーその2ー | トップページ | 月下の郡上踊り »

コメント

とても素敵な内容なので、トラックバックさせてもらいました。
ありがとうございました。

※ ブログ「子供達へ」 ・・・訪問させていただきました。ブログ自体が子供さん達へのすてきな贈り物になっているのですね。時々訪れさせていただきます。ちなみに、我が家には、手作りカルタがあります。「カローラに乗って父さんさっそうと」とか、子供が小さかったときの愛犬も登場する「るすばんはまかせておけとパトラッシュ」など・・・ 絵は、家内と子供が描きました。父親(私)の登場は1回だけ、パトラッシュは倍の2枚、カルタがあります(×_×)
ムーミンパパより

投稿: | 2008年8月25日 (月) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まど・みちお さんの詩:

« 詩人 茨木のり子 ーその2ー | トップページ | 月下の郡上踊り »