« ♪チャイコフスキー交響曲第5番 | トップページ | 「クリスマス」 »

2008年12月22日 (月)

「靴屋のマルチン」の人形劇

0001 アドヴェント・リースに4本のろうそくがともされ、クリスマスを祝いました。

 私たちの教会では、礼拝の後、食事会をし、この1年で一番嬉しかったことを紹介し合い、神様を喜びました。

 人形劇「靴屋のマルチン」は、子どもたちのクリスマス会のために 練習したのですが、ある施設のクリスマス会で上演の機会があり、そして、この日も上演いたしました。

0004_2  手作りの小物たちも、出番が増えて、喜んでいました。

 マルチンの前掛けは、ポシェットを生かした革製、ステパンじいさんの帽子は靴下の活用 ・・・ という具合で、なかなか凝っている作品たちなのです。

0015_2  クリスマスケーキ ・・・ この道何十年のクリスチャンシェフの名作・・・食べるのが惜しいほどですが、食べないのはもっと惜しい ということで、クリスマスの喜びを味わいながらいただきました。

  皆様は、どんなクリスマスをおすごしでしょうか。神様の愛が届きますように。

 さて、2008年もフィナーレが近づいています。

 今日もよき日となりますように。

|

« ♪チャイコフスキー交響曲第5番 | トップページ | 「クリスマス」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「靴屋のマルチン」の人形劇:

« ♪チャイコフスキー交響曲第5番 | トップページ | 「クリスマス」 »