« 2009年、どんな足跡を記されますか | トップページ | 寒さの中の熱き花 »

2009年1月 2日 (金)

元旦の礼拝

 キリスト教会の元旦礼拝に出席してきました。ご理解いただけると思いますが、クリスチャンは、神社の初詣には行きません。

  聖書に基づく牧師のメッセージの中の、愛するとは、あなたのすばらしさを最高に光り輝かせるために私はベストを尽くしますということだとの一節が特に心に残りました。

 そういうふうに相手に期待し要求することはできても、そのように相手を愛することは、人間にはなかなかできないことです。

 聖書に「我が魂よ、神をほめまつれ」という言葉がありますが、神様に対しても、「神よ、我をほめまつれ」といわんばかりに願い事の長いリストを羅列してしまうことが私などはよくあります。 おお、これでは、魔法のランプの精に命令を下すアラジンのようではないかと反省しきりです。

 かつて、ミッション系の高校の野球部が甲子園に出場し、勝ち上がって決勝戦に臨んだとき、「神様、勝たせてください」とは祈らず、「神様、練習してきたことが発揮できるようにしてください。」と祈ったとのことです。

 結果的にこの高校、桜美林高校は優勝したのですが、私は優勝したこと以上に、その祈りの姿勢に感動いたしました。

 さて、礼拝の後に書き初めはいかがですかと、用具を準備してくださっている方がありました。 そのご婦人はとても美しい文字を書かれます。そして、何とその方の二人の娘さんの中学時代に私は国語の教科担任だったのです。その方の前で、私が書き初めをすると「こんな文字を書く人が大事な娘の国語の先生だったのですか」と叱られる ・・・ いえ、そんなことをおっしゃる方ではないのです、私がそう思うだけのことです。

 で、結局、その方に、ピアノを練習するときにその文字を眺めて、私の心の内の歌を引き出すためにとお願いして「歌」という文字を書いていただきました。

 こんなふうによいスタートの元旦でした。

 読んでくださっているあなたの元旦、それに続く2日以降も佳い日々の連なりとなりますように。  

|

« 2009年、どんな足跡を記されますか | トップページ | 寒さの中の熱き花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元旦の礼拝:

« 2009年、どんな足跡を記されますか | トップページ | 寒さの中の熱き花 »