« 春の花 | トップページ | 三宮麻由子さん »

2009年2月16日 (月)

課外授業 岡村喬生

 2月15日の午後、NHKテレビで、「課外授業」という番組を見ました。

 オペラ歌手、岡村喬生さんが中学生にシューベルトの♪「菩提樹」を歌って聴かせ、次の日までに歌えるようにしてくるようにと宿題を課します。

 次の日、「歌えるようになった人?」と問われて、静まる教室 ・・・ 一人の女子中学生が手を挙げ、懸命に歌いました。

 細い声ではありましたが、その生徒が歌い終わると真剣な表情で聴いていた岡村さんが、大きな拍手をしました。厳しいプロの妥協しない迫りに精一杯応えたこの中学生に感動しての心からの拍手でした。

 この宿題が出されたとき、私は中学生たちに出来るのだろうかと心配しました。岡村さんが生で歌って聴かせ、生徒たちは一人一人ICレコーダーを録音し、歌詞を渡されました。

 けれど ・・・ 岡村さんの歌ったのも生徒に渡した歌詞のプリントも ・・・ ドイツ語だったのです。

 それに挑戦し、他の生徒が手を挙げられないでいるときに先頭を切って手を挙げ、持てる力を出し切って歌った生徒の姿にはプロを感動させる力がありました。

 そして、級友たちも、続いて何名も歌いました。それを引き出したのは一番先に手を挙げた彼女でした。 そういう舞台を設定し、中学生たちに内在する力を信じて厳しく厳しく迫った岡村喬生さんにも私は感動しました。

 この番組は、私自身にとっても学びをもたらしてくれたすてきな課外授業となりました。

  今日もよき日となりますように。

 

|

« 春の花 | トップページ | 三宮麻由子さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 課外授業 岡村喬生:

« 春の花 | トップページ | 三宮麻由子さん »