« 「秘すれば 花」 | トップページ | 子どもが輝く「金のことば」 多湖 輝 »

2009年2月22日 (日)

いかめし

Ca390001  例年は6月頃にたくさんとれる「するめいか」が、思いがけなくこの時期に豊漁が続いているとラジオが報じておりました。いつもなら冬を通して200キロから300キログラムくらいだそうですが、このところ、毎日のように1トン程ずつ水揚げされているとのことです。

  それで、というわけではありませんが、我が家のメニューに「いかめし」が登場しました。いかに餅米、具ににんじん、そしてしいたけ、ぎんなんなどを詰めます。

 それを出汁、醤油、お酒、砂糖などで煮ながら炊きあげます。 ・・・ 左の言い方、適切でないかもしれませんがお許しくださいね。 なにしろ、食べることだけに参加したものですから、味はともかく、作り方はよく分かりませんでした。

 そもそも、するめいかはするめ用で、いかめしにするのは、別のいか  ということのようですね。  でも、まあ いいか    失礼いたしました。

 今日も、よい日となりますように。

 

 

 

 

|

« 「秘すれば 花」 | トップページ | 子どもが輝く「金のことば」 多湖 輝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いかめし:

« 「秘すれば 花」 | トップページ | 子どもが輝く「金のことば」 多湖 輝 »