« 本当の強さとは | トップページ | 若人に幸あれ  »

2009年3月25日 (水)

現実はドラマ以上

 WBC、連覇 ・・・ うーん、現実は、ドラマ以上にドラマチックなことがあるのですね。

 9回裏に3対2から同点に並ばれたとき、これはどうなることやら、と思いましたが、そのことによって、いろいろ叩かれ、本人も心が折れそうになっていたと語っていたイチローが粘った挙げ句に2点決勝タイムリーを放って最高の笑顔が生まれることになったのですね。

 韓国をライバルと讃える原監督のことばも、そして、控え目にしていた王前監督が背中を押され、みんなに迎えられて記念写真に加わるシーンもよかったです。

 活躍できた選手も、出番に備えてベストを尽くして待機していて出番の回ってこなかった選手も、けがで先に帰国した選手も、みんなかけがえのない存在 ・・・ 人並み優れた資質にさらに磨きをかけて一つの道に打ち込み続けている人たちのみがもつことのできる美しさが感じられましたね。

 元気と感動をいただきました。

 そして、心静かな日がもどってきたことにもほっとしています。

  世の中に 絶えて 桜のなかりせば 春の心はのどけからまし

 という逆説的な歌がありましたね。 その春がいよいよ勢いを増しつつあります。

 よき日、そしてよき春となりますように。 

 そして、ミサイルなど飛ばそうという心など消えてしまいますように。

 

|

« 本当の強さとは | トップページ | 若人に幸あれ  »

コメント

 春たけなわ、不景気の中にも明るいニュースと言ったところでしょうか。自称熱心な野球ファンの私としては、何かコメントしなければならないところです。
 全てのことはメディアでも言い尽くされていますので、私の気づいたこととして、高校野球や、オープン戦と重なり、全てを把握することができないということ、WBC大会前に、アメリカのキャプテン、ジーターに、「日本の誰を危険視するか?」というインタビュ-に対し、「ゴジラまつい」と答えたことなど、が印象的です。
 個人的には、MVPは岩隈、原監督はラッキーな星の下にあるなと思いますし、野村氏が陰でぼやいていそうですね。

※ 高校野球の球児として活躍された小島さんにコメントいただいて、喜んでいます。選抜野球に岐阜県の高校が出ていないのはさびしいですが、夏にはどの高校が出場するでしょうか、楽しみです。 野村氏のぼやきと城島の舌戦も番外ではありますが、なかなかのやりとりでしたね。

投稿: 小島 | 2009年3月25日 (水) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現実はドラマ以上:

« 本当の強さとは | トップページ | 若人に幸あれ  »