« 若人に幸あれ  | トップページ | チャンスには前髪しかない ? »

2009年3月27日 (金)

小学卒業生の将来の夢

 住んでいる校区の小学校のPT.広報が回覧されたので、読みました。

 このシーズンらしく、卒業生一人一人の書いた「将来のぼく・わたし」が掲載されています。 何歳の自分はこうなっている という企画のようです。

 スポーツ関係

 ・・・ 世界一の卓球選手・甲子園 優勝・ドラゴンズの新人4番でホームラン王・甲子園で優勝し、ドラフト1位でプロに入団。活躍して25歳でメジャーリーグの四番打者になっている・水泳の水泳に出て、1位になって「なんも言えねえ」と言っている・バレーボール選手になってテレビに映っている・母校でバレー部のコーチ・ワールドベースボールクラシックで大活躍・プロのスノーボーダーになってオリンピックに出場・剣道の全国大会・ポルシェやフェラーリやランボルギー二をお父さんにプレゼントできるくらいのJリーガーとして活躍している

 ・・・ 親孝行な子がいてうれしいですね。 「43歳のぼくが開発したシューズをはいたオリンピック選手は金メダルをとっているでしょう」 という子もいます。

 文化・学術関係

 宇宙飛行士・つくった服が大ヒットしているファッションデザイナー・20歳のぼくは、化学者になってノーベル賞をもらっている・発明家になって、地球に優しく、安全な乗り物を作っている・研究員になって良い商品を開発している

 分類はともかく、職業名などをご紹介

 パイロット、イルカの調教師・動物に関わる仕事・パティシエ・和菓子屋につとめて栗きんとんなどを作っている・教師・医師・看護師・薬剤師・ピティナピアノコンクールに出て大活躍・美容師になってみんなをきれいにしている・建築家・漫画家・イラストレーター・趣味の小説を書き続けている・アナウンサー

 こんな人になっていたいということも含まれている書き方もたくさんありました。

 すてきな歌を歌って、たくさんの人を元気づけている、子どもに好かれる保育士、人の気持ちが分かる精神科医、ペットショップの店員になってお客さんに明るく話しかけられる店員になっている・・・

 そして、こういう記述もありました。※りきまずにこういう考えを自然に表明できていることにこの学校の教育のよさを垣間見せていただいた思いがしました。

 20歳の私は同級生と成人式で輝いている・20歳以後のぼくは、平均的な生活をしている・20歳の私は、社会人になって毎日一生懸命働きます・25歳の私は人の役に立つような仕事をしている・30歳のぼくは商業系の会社に入って元気にやっている・30歳のぼくは自分だけの家を建てている・30歳のぼくはいっしょうけんめいペンキで壁を塗っている・31歳では立派な中小企業の係長になっている

 

 35歳の私は、結婚して幸せになっているかな ・・・ 「幸せになっているかな」というのは12歳の子なりに、自分だけでなく相手が居ることなので、言い切っていないのでしょうね。

 どの子も、幸せになっていてほしいですし、毎日毎日幸せな時間をすごすことができていてほしいと思います。

 すべての大人はこどもに最善のものを贈る義務を負う ・・・ 児童の見地条約の根幹の精神です。

 今日も、よい日となりますように。

  

|

« 若人に幸あれ  | トップページ | チャンスには前髪しかない ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小学卒業生の将来の夢:

« 若人に幸あれ  | トップページ | チャンスには前髪しかない ? »