« 便利さの功罪 | トップページ | おいしいパン屋さん »

2009年4月 2日 (木)

つぶれてほしくない会社

 今日、書店で手に取った本 ・・・ その本の帯に、こんなことが書かれていました。

 知的障害をもつ二人の生徒がある会社での就業体験を終える日 ・・・ 十数人いるその会社の全社員が社長さんのところへ来て、その二人を雇用してください、その子たちのできないところは私たちが必ず補います と懇願したのだそうです。

 そして、社長さんは、その社員の要請に応えて、二人を正式に採用することをけつだんしたとのことです。

 この本の著者の名、そして書名を覚えて帰宅したのですが、どうもあやふやになってしまいました。 ・・・ 年のせい にするよりは ・・・ そうだ、あまりにも感動したからだということにいたしましょう。

 この本には五つの会社が紹介されていたように思います。

 今回は手に取ってみただけで終わってしまったのですが、もう一度、しっかりと読みますね。   ただ、心にじーんときたので、今日、紹介させていただきたかったのです。

 よき日となりますように。

|

« 便利さの功罪 | トップページ | おいしいパン屋さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つぶれてほしくない会社:

« 便利さの功罪 | トップページ | おいしいパン屋さん »