« 夏を迎えた教会の庭 | トップページ | そして、我が家でも奇跡 ? が »

2009年4月21日 (火)

映画「四日間の奇跡」

 「四日間の奇跡」 ・・・ 映画館で観たことがあるこの映画を、テレビで放送していたので録画して、もう一度観ました。

 有望なピアニストが、小さな女の子を銃弾から守ったのですが、大事な手を撃たれてしまい、ピアノを続けられなくなりました。そのときにかばった女の子は重い知的障害があるのですが、あるときからピアノに卓越した才能があることを示しはじめ、このピアニストはその才能を開花させることに懸命に尽くします。 ・・・ 映画の筋を紹介するのは野暮ですからこのくらいにさせていただきますね ・・・

  ある施設に勤めて懸命に働いている女性が、その施設の入所者の心のよりどころとなっていることも描かれています。

 映画館に観に行ったとき、当時、介護福祉士として働いていた家内は、その女性の姿に励まされ、自分の仕事に向かったそうです。

 映画の中でベートーベンの「月光の曲」がすてきに演奏されます。

 いろいろなエピソードのある「月光」ですが、私もたどたどとでなく心を込めてこの曲が演奏できるようになりたいと思います。

 よき日となりますように。

|

« 夏を迎えた教会の庭 | トップページ | そして、我が家でも奇跡 ? が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「四日間の奇跡」:

« 夏を迎えた教会の庭 | トップページ | そして、我が家でも奇跡 ? が »