« アンズ・八重桜 | トップページ | 弱いときにこそ 私は強い »

2009年4月15日 (水)

映画「ミス・ポター」

 近所のビデオ屋さんが、特売期間を設けていたので、DVDを百円で借りてきました。

 昨年、映画館で上映されていた比較的新しい映画「ミス・ポター」です。

 ご存じの方が多くて、むしろこのブログのほうが皆さんより遅れているだろうとも思うのですが、書かせていただきます。

 主人公のミス・ポターは実在の絵本作家 ・・・ 「ピーターラビット」の産みの親です。このシリーズの売り上げによる収益は、イギリスの湖水地方を保つために捧げられています。

 この映画に登場する湖水地方の美しいこと ・・・ 秀逸ですね。

 フィアンセの突然の病死もあって、幸せな場面ばかりではないのですが、後味のよい美しい映画なので、一度見終わった後、すぐに二回目の上映となりました。

 もし、まだこの映画をご覧になっていない方がおありで、そしてDVDを安く借りられる機会がめぐってきましたら、ご覧ください。

  ピーターラビットの絵の付いたマグカップが我が家にあったような気がしたのですが、家にあるのはぐりとぐらでした。

 今日もよい日となりますように。

 

|

« アンズ・八重桜 | トップページ | 弱いときにこそ 私は強い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ミス・ポター」:

« アンズ・八重桜 | トップページ | 弱いときにこそ 私は強い »