« ある牧師の詩 その2 | トップページ | 夏の食卓 »

2009年6月26日 (金)

フラワーアレンジメント 「風のそよぎ」

 私たち夫婦の通うキリスト教会は、三つの建物をもっています。牧師さんはお二人 ・・・ 聖書を初め、多くの本を読まれ、信仰に於いてはもちろん、教養や人格、生き方全体において敬服しております。

 それぞれのご伴侶もすてきな方で、お二人ともアートデザイン、音楽、英語などの賜物を教会のために生かしてくださっています。

 その内のお一人は、フラワーアートの先進国、オランダで教えることのできる資格、技倆を備え、フラワー教室を通じて教えてくださっています。 

 家内がその教室に参加させていただいて、持ち帰ったのが次の写真です。素材は、桔梗、ラヴェンダーなど。テーマは「風のそよぎ」とのこと。少し焦点があまくなってすみません。外国語が印刷してある器もすてきなのですが、小さな写真ですので、想像の目で補ってくださいますように。

Photo  素のままの花たちも美しいですが、意図を持って一つの世界を構成する場におかれると、また、生き生きとして持ち味を発揮しますね。

 私たち、一人一人も、創造主である神様によって、それぞれ、最高の持ち場に配置されているのだと思います。

 今日も、それぞれの家庭、職場、地域に於いて、かけがえのない持ち味 を発揮しつつ、周囲にすてきな風を送ることができますように。

聖書のことば

  神様に関するかぎり、私たちの生活には、すばらしい、かぐわしい香りが漂っています。 それは、私たちのうちにあるキリスト様の香りであって、回りの救われている人々にも、救われていない人々にも、一つの香りなのです。 

|

« ある牧師の詩 その2 | トップページ | 夏の食卓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フラワーアレンジメント 「風のそよぎ」:

« ある牧師の詩 その2 | トップページ | 夏の食卓 »