« 夏祭り | トップページ | まあ、ブラームスさんったら »

2009年8月11日 (火)

パソコンのOS

 パソコンを動かしているオペレーティング・システムをOSといい、基本ソフトとも呼ばれています。

 日本にもトロンプロジェクトという、OSというか、基本ソフトと応用ソフトが一体になったコンピュータ関連の計画が進められていました。東大の坂村健教授がそのリーダーです。

 このトロン計画は、世界各国の言語をパソコンで扱えるように取り組んだり、障がいのある方にも使いやすいように電源スイッチの位置などをそろえることも視野に入れたり、基本的な考え方もたいへん共感を呼ぶものでした。

 そのプログラムの構造も、独占するのでなく、最初からオープンにして世界の人と力を合わせて開発しようという考え方で進められていたのですが・・・ 貿易摩擦の原因の一つに挙げられて、日本の学校で使われるパソコンに組み込まれる見通しも、はばまれてしまいました。

 その後も、開発は進められて、携帯、そしてカーナビでは、このトロンなくして現在の状態にまで発達することはできなかったと言われているようです。

 もし、このトロン・プロジェクトが順調に進められていたら、パソコンの世界、特にインターネットの世界がほとんど英語一辺倒になることも、、パソコンの有力ソフトの開発がアメリカの限られた地域にほとんど集中する状態になることもなかったことでしょう。

 でも、過去のことは、まあよしといたしましょう。 

 OSの9割を占めているといわれるウインドウズのマイクロソフト社が、おそらく今年の10月下旬に新しいバージョンといえばよいでしょうか、Windows7というのを発売する見通しだそうです。

 Windows XP Windows VISTA からの切り替えをいつ、どうするか、ということになるのですが、私の専門分野ではないことですし、このへんまでにさせていただきます。

 ただ、今使っておられるパソコンの調子が悪く、買い換えを考えておられるかたは、お店で相談して買い換えの時期を判断されるとよいかと思います。

 Windows7の前評判はよいようですが、現在のパソコンの調子がよい方は、いそいで買い換える必要はないと思います。

 よい日となりますように。

 しておこうかなと

|

« 夏祭り | トップページ | まあ、ブラームスさんったら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パソコンのOS:

« 夏祭り | トップページ | まあ、ブラームスさんったら »