« ある病院の夏祭り | トップページ | 『挫折と挑戦』 »

2009年8月23日 (日)

大きな木には大きな根

1 Photo_2            ヨーロッパには、百年以上もかけて建て上げられた教会堂があります。まさに堂々とした建物 ・・・ 最初の設計図もしっかりとしているのでしょうね。

  それを建て始め、見守り、完成を喜び、維持し続けている信仰のことを思います。

 さて、写真は8月2日に起工式を行い、11月末に竣工予定の教会堂の基礎工事の写真です。・・・寒さが厳しく、雪もたくさん降る東北地方では、冬が到来する前に建て上げるのですね。

  建物を建てるとき、大切なのは、その土台です。やがて、外からは見えなくなりますが、建物を支え続けるのは、その見えなくなる土台です。

 キリスト教の教会堂の場合、写真のように目に見える土台と、目に見えない土台があります。そうです。神様への信仰ですね。

 土台に関して、聖書には次の言葉があります。

 わたし(イエス・キリスト)の教えを聞いて、そのとおり忠実に実行する人はみな、堅い岩の上に家を建てる賢い人に似ています。
 大雨が降り、大水が押し寄せ、大風が吹きつけても、その家はびくともしません。 土台がしっかりしているからです。
  反対に、わたしの教えを聞いても、それを無視する人は、砂の上に家を建てる愚かな人に似ています。
大雨、大水、大風が襲いかかると、その家はあとかたもなく、こわれてしまうからです。

   山上の垂訓の一部分です。 マタイの福音書 7章 24節~27節)

 私たちは、どんな土台の上に人生を建て上げているでしょうか。

 大きな木は、それを支える大きな根を地中に張っています。

Photo

 今日は、日曜日。 キリスト教会では聖書に基づいて神様からのメッセージが語られます。どうぞ、ご出席ください。

 

|

« ある病院の夏祭り | トップページ | 『挫折と挑戦』 »

コメント

どうも見た事のある写真だなと思ったら・・・・!
我が教会ではありませんか。嬉しいです。
その写真がすばらしい聖書のみことばと共に載せていただいているのが感謝でした。

※ 8月2日の起工式以来、着々と目に見える形を成していく教会堂、それを喜びとすると共に、目に見えない祈り、それまでのなみなみならない積み重ねと支えてくださっている方々、そして豊かな神様の導きと祝福をともに感謝いたします。11月の完成が本当に楽しみですね。

投稿: rommy | 2009年8月25日 (火) 02時06分

はじめまして
兵庫県の篠山市(でかんしょぶしでご存知かも・・・)に住んでいます。
実は私は51歳ですが、去年の12月に洗礼をうけたほやほやのクリスチャンです。
そして、今年からやっと念願の音楽療法士の勉強を始めました。
すべてが人より遅い人生ですが、イエスキリストの十字架の意味をやっと知りました。自分の弱さ、傲慢さを知り、それでも私を導いてくれたイエス様に感謝する日々です。

たまたま、あなたのブログをみつけて、いつも楽しみにしております。

御言葉に励まされているものがいることを、おぼえておいてくださいね。

これからも、楽しみにしています。

※ ムーミンパパより

 すてきな出会いを感謝いたします。篠山市には、一度旅行で訪れたことがあります。城跡などを散策し、黒豆などをお土産に求めたような記憶があります。

  受洗、おめでとうございます。音楽療法の学びも豊かに祝されますように。 ・・・ 私よりひとまわりほどお若いのですから、どうぞ元気でお歩みくださいますように。

 最近、おたよりいただいたクリスチャンの方のブログ、紹介させていただきますね。今日、この方は音楽のことを書いておられましたので、私もこの方のブログにコメントを送らせていただいたところです。
http://cocorogatukaretara.cocolog-nifty.com/

 それでは、また。

投稿: hallelujah-sachicon | 2009年8月23日 (日) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大きな木には大きな根:

« ある病院の夏祭り | トップページ | 『挫折と挑戦』 »