« アラジンの魔法の指輪 | トップページ | 魂の日照時間 »

2009年8月 2日 (日)

殻を破る

 ほぼ、毎月一回、ある施設を音楽訪問させていただいています。

 パソコンに歌詞や季節の景観の写真、ちょっとしたクイズなどを入れておいて、それをプロジェクタで映し出しながら進めるパターンを重ねてきました。

 今回は、前回の訪問から十日あまりと、間隔が短いことでもあり、いつものパターンからのチェンジを図ろうと思っておりました。

 そうしましたら、ちょうど、パソコンを故郷へ置き忘れてくるという幸運(?!)にも恵まれましたので、8月1日の音楽訪問は新しい進め方をすることができました。

 県の音楽療法研究所で、ほかの仲間から教えていただいたことも採り入れました。

◇ 指遊びと歌で スタートする

◇ 好きなタレントさん、好きな食べ物などを言ってもらい、それを司会が叫び、全員に真 似して叫んでもらう

◇ リストバンドに鈴がつけられている楽器などを用意し、皆さんに選んでもらう

◇ おもしろい内容で視覚的にも楽しめる広がる絵本、伸びる絵本を 読んでもらう

◇ フィナーレは、地域の盆踊りに備えて、この日の朝、公民館で講習を受けたばかりの踊りをひろうしてもらう ・・・ ちなみに曲目は「炭坑節」 でありました。

 この日の音楽訪問には、プロのアナウンサー、そして郡上踊りや炭坑節の熟練者が同席していただいたので、絵本の朗読、演示など、質的にも高いものがありました。

 私自身、楽しませていただきながら、皆さんの表情、反応などを見ながら進めることができ、たくさんのことを学ぶことができ、さいわいなひとときでした。

 マンネリ化せず、焦らずに成長していこう ・・・ そんな思いとエネルギーをいただけて、感謝しています。 ムーミンパパの音楽タイム ・・・ これからにご期待ください。

 今日は、日曜日。 私のお世話になっている教会では午後に夏休みの子どもたちのための特別な集会を計画しています。

 よき日となりますように。 

|

« アラジンの魔法の指輪 | トップページ | 魂の日照時間 »

コメント

 音楽療法士の実践とても楽しそうになさったように感じました。
むかし、むかし先生がまだ校長先生だった頃、羽島教会で素敵な講演を聴きました。あの時は雪村いづみの歌がながれたり、児童の絵を織り交ぜたり、先生がピアノ演奏され(シバの女王)感動して帰ったことをおもいだしました。
 一度月1回されるとゆう施設での音楽療法の様子を見せていただきたいと思いましたがいかがでしょうか?

※ ムーミンパパより

  コメントをありがとうございます。つたない歩みですが、見ていただければ、アドバイスもいただけて嬉しいです。ただ、その施設は引っ越しをひかえていますので、2か月ほど後の音楽タイム、そしてその施設の了承を得られたらということでよろしいでしょうか。

 どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: 夢希 | 2009年8月 2日 (日) 22時58分

ムーミンパパさまの賜物とお勉強されている音楽療法の学びとを合わせて月ごとに施設を音楽訪問されて、本当に尊いお働きですね。パソコンを使わないことが幸いして(?)心と心がふれあうひとときを持たれて、神様はわざと忘れ物を作られたのかしら…(#^.^#)講演にひっぱりだこの大学教授のお話を聴いたときのこと。最近は講演というとパソコンの画面を映し出してパワーポイントで展開しながらお話しするスタイルが多いけれど、画面を見ていた記憶しか残らない。だから私は講演にパソコンは使用しないとのことでした。なるほど(^ ^)画面に支配されてはいけませんね。機械はあくまでも名アシスタント。これからも素敵な音楽訪問をお続けくださいますように♪

投稿: まりこのママ | 2009年8月 2日 (日) 07時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 殻を破る:

« アラジンの魔法の指輪 | トップページ | 魂の日照時間 »