« 金華山からの眺め | トップページ | 脳のために、もっとお眠りなさいませ »

2009年8月14日 (金)

折り紙の世界

Ca390007 Ca390011           Ca390001           岐阜県の県庁近くにふれあい会館という建物があり、その2階で折り紙展が開かれていました。

  私自身は、折り鶴を今まで一羽も織り上げたことがないという、手先が器用だと言われる日本人としてはめずらしい存在かもしれません。 いえ、威張っているわけではありません。(少し開き直っているかもしれませんけれど。)

 展示場に、折り紙の達人たちがおられ、家内にばらの花の折り方などを伝授してくださいました。

 その達人たちをびっくりさせる子がいたそうです。メモのための道具を持参し、達人たちが伝授してくださる折り方を順次、図に書いて帰って行ったその子は、何と4歳だったとのこと。

 保護者がそうしなさいと指示したわけではなく、自発的な行動だったそうで、それを聴いた私たちも驚いてしまいました。何と頼もしいことでしょう。Ca390010

 また、その子にそうさせるだけの魅力を折り紙の世界が備えているということでもあるのでしょうね。

  Ca390002  そうそう、郡上市では、13日から16日まで徹夜踊りが開催されています。 どこかで、行くことになりそうです。

 よき日となりますように。

|

« 金華山からの眺め | トップページ | 脳のために、もっとお眠りなさいませ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 折り紙の世界:

« 金華山からの眺め | トップページ | 脳のために、もっとお眠りなさいませ »