« 「目白の師匠」 落語家 五代目 柳家小さん | トップページ | 平和とたらちねの母 »

2009年8月 6日 (木)

からし種の花

Pap_0026 Pap_0025            聖書には、「もし、からし種ほどの信仰があったら、この山に、『ここからあそこに移れ。』と言えば移るのです。どんなことでも、あなたがたにできないことはありません。」という言葉や「 からし種・・・を取って庭に蒔いたところ、生長して木になり、空の鳥が枝に巣を作りました。」 

 という箇所があります。写真は、そのからし種の花です。

 

 からし種は、写真に撮ってもほとんど目に見えないくらい小さなものです。けれど、我が家の庭に植えてみたところ(家内が植えたのですが)本当にびっくりするほどぐんぐん大きくなりました。軒を越えてまだまだ大きくなる勢いを見せています。

 一寸の虫にも五分の魂 といいますが、私たちの心に希望と愛がある限り、私たちの人生は決して小さなものではなく、宇宙もそれを入れることができないほどのものとなることでしょう。

 あなたは、どんな希望をいだいておられるでしょうか。

 夏の陽光を一杯に浴びて開いている花のように、だれに遠慮することなく、あなたの人生を輝かせてください。

 ヘレン・ケラーはこんな言葉を残しています。

 「あなたの手のともしびをもう少し高く掲げてください。わたしの足元も明るくなるように」

 一人の人が明るい表情、温かい心で歩むとき、それは周りの人をも明るくしないではいないのだと思います。

 よい日となりますように。

|

« 「目白の師匠」 落語家 五代目 柳家小さん | トップページ | 平和とたらちねの母 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: からし種の花:

« 「目白の師匠」 落語家 五代目 柳家小さん | トップページ | 平和とたらちねの母 »