« 名作の再発見 『アルプスの少女』 | トップページ | 名残惜しい夏休み »

2009年8月20日 (木)

パソコンのメモリ増設

 今年の10月にパソコンの新しいOS、WINDOWS 7が正式発売になりそうで、今使っているパソコンに何とか、もうしばらく現役でがんばってもらおうと考えています。

 10月までというより、新しいOSが手直しされて安定して働くことが見極められる時期までは ・・・ そうですね、来年の10月頃までは、という思いです。もっともパソコンのほうではどんなつもりでいてくれるのか、分かりません。

 現在愛用しているノートパソコンは、アンテナをつなぐとテレビも映してくれるすぐれもの・・・できるだけ仲良くしたいと思っています。

 機嫌良くはたらいてもらうために、積んであるメモリを増やすことにし、お店に行きました。

 このパソコンに合うメモリで、一番安いのを、と頼むと ・・・ 店員さんは快く調べてくれました。1ギガのメモリが5500円ほどのと、別のメーカーで3900円ほどのと ・・・ 迷うことなく安いほうを。  

 取り付け料を尋ねると2700円だったか、2750円だったか うーむ、3900円のを買って取り付け料をそれだけ払うのか ・・・ 図書館で、丁寧な図解入りのメモリ増設特集を借りてきているから自分でできないことはないだろうけれど、プロに頼むほうが安心かな、安心料と思って、せっかくパソコンも持参したことだし、頼もうかと思いました。

 すると、その店員さんが「中の消えては困るデータなどを保存しておいてください。手を尽くしたのに消えてしまったことが一度だけ在りますので。そして、消えてしまっても一切責任はおとりできません」というのです。多分、よほど痛い思いをしたことがあるのでしょう。

 プロがそういうからには、安心料を払っても安心ではないということになるので、決心してメモリだけを購入して帰宅しました。

 説明を読み、金属製品にふれて、静電気を逃し ・・・ 私は、お金はあまり貯まりませんがが、冬場など帯電しやすいたちのあのです ・・・ 蓋を開けるのにちょっと手間取り、次には、取り付け位置を納得するのに手間取り、そして最後には心を決めて、エイヤッと取り付けたつもり

 無事を念じながら電源スイッチを押してみると ・・・ おお、何と無事に起動してくれました。メモリの数値を確かめてみますと、確かに1ギガ増えています。動きも心なしか、速くなったように思います。   

 暑い夏の夜にはもってこいのスリルを味わうことができ、何とラッキーな体験だったことでしょう。(しかも2千数百円を節約しながら)

 このメモリは、パソコンが働くときの机にあたるのだそうです。今までの3倍の作業机になったのですから、どうか半永久的に元気に働いてくれますように。

 パソコンも喜怒哀楽があるのでしょうか。使いながら励ます人には調子よく働いてくれ、動作に不満を述べながら使う人には、不機嫌な顔を見せることが多いようです。

 パソコンというのは、無理に笑顔を作りながら向かうものでもないとは思いますけれど。

 今日もよい日となりますように。 

 

  

|

« 名作の再発見 『アルプスの少女』 | トップページ | 名残惜しい夏休み »

コメント

ホントに・・・
私もパソコンには、喜怒哀楽と申しますか意思を感じてしまいます。
機械音痴の私が何度アタックしてもびくともしないのに、電器屋さんがタッチされるとうそのようにスムーズにうごきだすんです(泣)
「どこもおかしくありませんよ」
「微妙なタッチの違いでしょう」
ですって~
相性わるいのかなー
チョットなめられてます。。。

※ ムーミンパパより

 コメントありがとうございます。
あるところで、「パソコンに聞こえるところでは、(そして聞こえないところでも)パソコンの悪口を言わないで、できれば、あなたのおかげで助かります、という態度で接していると調子いいですよ、とお話ししたら、次に訪問したときには、そのパソコンはヌイグルミまでそばに置かれて、かわいがってもらっていました。「あれからずっと調子いいです」とのことでした。
  ひょっとしたら、スマイルママさんのすてきなスマイルが他の方にも向けられているのに焼き餅を焼くときがあるのではないでしょうか。

 パソコンは、気温の高いところが苦手ですので、涼しい時期を迎えると、また調子をあげてくるかもしれませんね。よき実りの秋をお迎えくださいますように。

投稿: スマイル ママ | 2009年8月21日 (金) 11時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パソコンのメモリ増設:

« 名作の再発見 『アルプスの少女』 | トップページ | 名残惜しい夏休み »