« すてきな絵本たち | トップページ | お弁当 »

2009年9月 7日 (月)

それぞれの楽器にそれぞれのよさ

 楽器の王様と呼ばれるピアノですが、弱点は、簡単に持ち運びできないことです。

 音楽療法などの場では、集まった方の身近に行くことができる楽器・・・ギターやアコーディオンなども演奏できると交流の輪が広がります。

 移動可能ということではハーモニカもいいですね。ただし、演奏しながら会話することはできませんけれど。

 タンバリンやマラカス、カスタネットなどのリズム楽器も、練習すればするほど雄弁になってくれます。

 楽器は人と人との音楽的対話、交流を深めるための架け橋と申しましょうか、まず、できるだけ多くの楽器と対話できるように修練を重ねたいと思います。

 今日も、よい日となりますように。

 

|

« すてきな絵本たち | トップページ | お弁当 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それぞれの楽器にそれぞれのよさ:

« すてきな絵本たち | トップページ | お弁当 »