« 雨に歩けば | トップページ | すてきな絵本たち »

2009年9月 5日 (土)

エッ、本当に ・・・

 8月は夏休みだった岐阜県音楽療法士認定前講座が再開されました。いつもは時間にゆとりを持って行くのですが、今回は、図書館で本を選んでいて、おっと気がついて会場に向かったので、講座開始のほんの少し前に到着しました。

 そこで耳にしたのが、受講生仲間が8月14日に肺炎で亡くなられたとのしらせでした。78歳の男性 ・・・ 7月末まで、音楽劇でサックスを吹いたり、民謡♪「おばば」を伸びやかな声で歌ったりしておられた方で、お元気だったのです。おだやかななかに存在感を豊かに漂わせておられたので、「エッ、本当に・・・」という思いで、今もいっぱいです。

 受講生有志で花をお贈りすることになりました。

  ルソーの『エーミール』の一節に、エミールが幼くしてこの世での生を閉じることになっても、その日までは精一杯生きたと彼自身が感じられるように育てたい、という意味のことばがあります。ルソーの時代には、特に子どもの生存率が低かったという事情もあると思いますが、そうしたことを考慮しても、意味のあることばだと思います。

 78歳で、音楽療法士をめざして学び続けられた方 ・・・ 思いを残すというよりも、充実感を日々、創りだしておられたという印象を私は抱いております。

 これから12月まで、3年計画の2年目の講座が12回ありますが、同級の方々と励んで学びたいと思います。 ・・・ うーん、どうも、私はそのクラスの最年長者になったような・・・  いえいえ、気持ちを前向きにもち、そのほかのことは特に考えないことにいたします。

 今日も、よい日となりますように。  

 

 

|

« 雨に歩けば | トップページ | すてきな絵本たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エッ、本当に ・・・:

« 雨に歩けば | トップページ | すてきな絵本たち »