« 秋の色 | トップページ | 驚くべき情報網 »

2009年9月28日 (月)

三年先のけいこ

 大相撲が終わりました。 ・・・ 改めて考えると、中相撲とか、小相撲とか聞いたことがないのに、どうして「大」だけがあるのでしょう。

 「○○大会」ということばに対して、中会とか小会とかいうことばがないのと同じかも知れませんね。

 それは、さておき、相撲の世界に「三年先の稽古」ということばがあるそうです。三年後にどうなっていたいかを考え、そのためには今、どんな練習を積んでおくことが必要かと考え、そうした見通し、願いのもとに毎日の練習を積み重ねていく、ということのようです。

 その場しのぎの毎日を送っていては、よりよき明日は来ない、ということかもしれません。

 三年先、五年先、十年先の健康体 ・・・ そのために今、心がけ、しておくべきことはなんでしょうね。

 97歳の現役医師、日野原重明医師の本をそんな視点で改めて読み返してみようと思います。

 今日もよい日となりますように。

|

« 秋の色 | トップページ | 驚くべき情報網 »

コメント

 お久しぶりです。
 大学を卒業してから6ヶ月以上,教師になってからも6ヶ月以上・・・。最近悩んでいました。
 計画配置では3年で学校が変わりますが,「3年後,私はこの方たちと同じくらいに成長しているのだろうか・・・」と,3年が終わって私と一緒に学校に新しくみえた先生方を見てどぎまぎしていました。はじめは自分が成さねばならない仕事を覚えるので手一杯で,周囲の様子に気付く余裕もなく(今でも十分とはいえません。)あわただしいまま月日ばかりが過ぎていました。しかし,夏休みにほっと辺りを見回すと,先輩はすばらしい先生方ばかりで,ほかの初任の先生方も私とは違う高い意識でみえる方ばかりで,あせりました。あせるほどに自分に自信がなくなり,背伸びをして苦しくなり,「自分に教師は向いていないのではないか」と思うようになりました。とりあえず1年やりきらねば周囲の方に迷惑がかかる。いい加減な気持ちでは子どもに申し訳ない。そう思いながら自分の精一杯をつづけていました。失敗することは怖くありません。ただ,自分の力不足や至らなさを情けなく感じ,いつも苦しいのです。
 
 行き詰まり,現実逃避をするいつもの休日。ふと先生のブログを思い出しました。そして目に付いた「三年先のけいこ」の題名。大中小の話に「ほんとだ~^^」とニコニコしつつ,大好きな大相撲の話題。
「三年後にどうなっていたいか、そのためには今、どんな練習を積んでおくことが必要か」
「その場しのぎの毎日を送っていては、よりよき明日は来ない」
(あぁ,これだ。私に必要なのは3年先を憂うことではなく,3年後のために毎日をよりよく過ごすことなんだ。)と思いました。このような内容をコメントするのはどうかと思いましたが(しかも先月の日記に^^;),先生にお礼が言いたかったので・・・。

 明日からもニコニコ笑顔で子どもたちと過ごしたいと思います。ありがとうございます。

ムーミンパパより eimyさんへ

 おお、このブログ始まって以来の最長のコメント ・・・ でだしは心配しましたが、読ませていただいて、うれしくなりました。
 
 真剣に悩めるのはとてもすばらしいことです。でも、深刻にはならないでくださいね。

 お話ししたことがあるかも知れませんが、学生オーケストラ時代のトランペットの先輩が「自分をへただ、へただと思いながら練習していては成長するものも成長しない。自分の音色はなんてすばらしいんだと、まず思え。でも、本当はへたなのに自信だけ持っていては悲惨だから、今も悪くはない、なかなかのものだ。でも,理にかなった練習を積み重ねれば、自分はもっともっとすばらしくなると思いながら励もう」と教えてくれました。

 私は、この考え方を「楽観的向上論」と名付けて、トランペットだけでなく,広く応用して歩んできたように思います。

 笑顔で、そして悩むべきことには子どもたちにも悩ませながら、歩み続けましょう。

 私も元気で歩んでまいります。 それでは、また。

投稿: eimy | 2009年10月12日 (月) 13時44分

昨日、日野原先生の「生きるのが楽しくなる15の習慣」という本を読みました。この本を通して伝えたいことのすべての内容として、次のような日野原先生の詩(短文)がありましたので、ご紹介させていただきます。

鳥は飛び方を変えることはできない。
動物は、這い方、走り方を変えることはできない。
しかし、人間は生き方を変えることができる。
繰り返す毎日の行動を変えることにより、
新しい習慣形成により、
新しい習慣の選択を人間は決意できる。
人間には選択の自由がある。
そして、意志と努力により、
新しい自己を形成することができる。
それは、人間と動物とを根本的に区別するものといえよう。

ちなみに10月4日、日野原先生は98歳になられます。

※ ムーミンパパより
 タイムリーなコメント、ありがとうございます。上の詩に大事なことが示唆されているように思いました。気の向くまま、楽なほうへと流されるのでなく高い志を持って、心身によいことを、力まなくても自然に継続できるような毎日の習慣を確立する ・・・ そういうことが土台になるのでは、と感じました。  よいと分かっていることをきちんと実行 ・・・ 人間の人間らしさもそれとつながっているのでしょうね。

投稿: yokoie | 2009年9月28日 (月) 08時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三年先のけいこ:

« 秋の色 | トップページ | 驚くべき情報網 »