« けなげなシシトウ | トップページ | くりご飯・みょうがご飯 »

2009年9月23日 (水)

むげん 

Photo_3  ピアノ教師をしている妹にギターをもらいました。しばらく使っていないということで、まずは、古くなっていた弦をはずしました。

 今日のタイトルは「むげん」 ・・・ ご覧の通り、弦の張ってない状態ですから、無弦 です。

 

 Photo_4           さて、どうにかこうにか弦を張り、そして、念願のベルトも取り付けて

ご覧のようなところまできました。

 妹は、ギターのスタンドもプレゼントしてくれましたので、それを使って立ててみました。

Photo_5  おお、りっぱなものではありませんか。

 後は ・・・ あとは練習し、腕を磨いて音楽タイムなどに用いるのみです。  うーむ、これが問題なのですね。コードネームを見て弾けるようになりたいと高校時代から思いつつ、さっぱりそのための努力をしてこなかったのですから。 でも、60の手習いということばもありますから(ここで、何歳か、どさくさまぎれに若くしてあります) ・・・ 

 でも、可能性は無弦 ではなく、無限にあります。挑戦いたしますね。

 それでは、秋の連休最終日、よい日となりますように。

 

|

« けなげなシシトウ | トップページ | くりご飯・みょうがご飯 »

コメント

60歳でギター、70歳でバイオリン、80歳でチェロ、90歳でコントラバス、100歳で指揮者・・・・こんな計画はいかがでしょうか。
70歳で韓国語、80歳で中国語、90歳でロシア語に挑戦した方のお話を、この夏に、日野原重明先生の講演でうかがいました。
そうそう、97歳の日野原先生は、ブルーのジャケットがお似合いで、演壇も椅子も置かないステージの上を軽やかに歩かれ、立ち止まりながら、90分の講演をなさいました。

※ ムーミンパパより
 おお、壮大な気持ちになります。ありがとうございます。日野原先生の「新老人の会」の入会資格はたしか75歳以上ですから、それにもまだまだ年数不足の小生・・・元気に励みたいと思います。まずは・・・ブルーのジャケットが似合う体型作りから ・・・ うっ、力のいれどころが違うような、合っているような・・・。

投稿: yokoie | 2009年9月23日 (水) 07時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: むげん :

« けなげなシシトウ | トップページ | くりご飯・みょうがご飯 »